« 前へ | Main | 次へ »
AIを誘導して掘出物をゲット!
 夏休みシーズンに入ると「reyn spooner」のアロハやTシャツが着たくなって店頭やECサイトを物色するが、7月末のセール一色の中でも「reyn spooner」だけは定価販売されていた。実需期が真夏なのだからセール除外もやむを得ないとは思うが、周囲がクリアランスで再値下げする中、定価で買うのも何だかな〜と迷っていたら・・・・・
 「reyn spooner」は1962年、ハワイで創業されたアロハシャツのブランドで、独特のハリと掠れ感のある綿ポリ・リバースプリントの「スプーナークロス」で知られるが、今日ではTシャツなどアイテムを広げてハワイアン・ライフスタイルブランドに変貌している。日本市場にはハワイ縫製品に加えて近年は韓国縫製品が増えていたが、昨年から伊藤忠商事がマスターライセンシーになって、アロハシャツはハワイ縫製品のインポート、雑貨関連は国内ライセンス、と仕分けてリ・ブランディングを図っているようだ。
 日頃は‘クラシコイタリア’をベースにモードとプレップの間を彷徨う私も夏のバカンスシーズンになると「reyn spooner」のアロハやTシャツを出して旅行鞄に詰めるが、毎年、アロハかTシャツを一枚づつ買い足している。そんな習慣の中で今年、目をつけたのがハワイで縫製した「Trans Pacific 40’S」のリメイクアロハで、一点一点、柄取りが違うのも興味を惹いた。
 銀座松屋の催事で目にして気に入ったものの17,800円(税別)の定価販売だったので見送り、東急本店のポップアップでは30%オフになっていたものの「Trans Pacific 40’S」は見当たらず、忙しさにかまけて時間が過ぎるうち、何度か「Trans Pacific 40’S」を検索したせいか、幾つもレコメンドやリターゲティングが掲示されるようになった。その中に20%オフのショップがあったがSサイズ(日本サイズのLに相当)は品切れで諦め、「Trans Pacific 40’S Sサイズ」で検索するも、なかなかSサイズのレコメンドが返って来ず、今シーズンは諦めかと思っていた。ところが明日からリゾートへ行くという日になってお昼のサンドイッチをつまみながらネットサーフしていたら、名古屋の専門店が税別10,000円でレコメンドして来たではないか!しかもSサイズしか残っていないという。早速、注文して翌日午前中の配達指定をお願いしたら、ちゃんとお昼前に届いてリゾート行きの旅行鞄に入れる事が出来た。
 ドジな私にしては珍しくラッキー揃いで、ネット検索でレコメンドやリターゲティングを誘導して本命商品を見つけ出し、翌日配送指定で間に合わせた今風のお買い物だった。建前や‘忖度’に縛られ物理的な制約も大きい店頭販売に比べ、AIで狙い撃ちしてくるECサイトは上手く誘導すれば掘出物が見つかる。店舗販売ってホントにヤバくね!!


◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2017/07/31 09:26  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ