« 前へ | Main | 次へ »
アメカジも終わってる?!
 先週末の繊研新聞のコラムでマックハウスの白土社長が『「ジーンズカジュアル業界」なんてずっと昔に終わっていた』と語った事がギョーカイでちょっとした話題になっているが、『今更言うのか』というという時代ズレはともかく、『今後はジーンズカジュアルから実需衣料中心のビジネスモデルに転換します。ジーニングやアメカジ一辺倒のMDからの脱却を図り「ビジカジ」など新たな提案で売上拡大を図ります』という達観した方針には好感が持てた。
 白土氏の発言で注目すべきは『ジーニングやアメカジ』とアメカジもジーニングと同列に終わったものと看做している事で、ジーニングと同列はともかく一歩遅れて終わりつつある事は間違いない。米国のアメカジ御三家(アバクロ/アメリカンイーグル/エアロポステール)はすっかり勢いを失い、エアロポステールは昨年5月にチャプター11を申請して154店を仕舞い、残った店で細々と営業を継続している有り体で、ジーニングのバックルはもちろんギャップも苦戦が続いている。我が国でも昔ながらのジーニングやアメカジのチェーンはローカルに埋没した感があり、「Free&Easy」の昨年三月号での休刊はひとつの時代の終わりを実感させた。
 昔ながらのジーニングやアメカジが消えて行く一方で急拡大して新たなジャンルを確立したのが「ナチュラルモードカジュアル」で、オンシーンの「コンテンポラリーモード」(いわゆる「ドメコン」?)と双璧を築くに至っている。どちらもここ二〜三年の新業態や新ブランドの大半を占める奔流となっており、前者は郊外SC、後者は駅ビル/ファッションビルや百貨店に広がっている。
 そんな変化を毎シーズン、克明に捉えて体系的に表現しているのが当社のブランドツリーで、このほど完成した「17SS版ブランドツリー」はウィメンズ/メンズ/キッズの3884ブランドを計49ゾーン/639タイプに分類して網羅している。これと各客層のスタイリング傾向をリンクするのがもうすぐ完成する「客層マップ」の17SS版で、2〜5月のブランド別販売成績も合わせて検証し、7月上旬を目処に「18年春夏MDデイレクション」を完成させる。

◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2017/05/31 09:26  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ