« 前へ | Main | 次へ »
ZARAの秘密?を公開
 昨日のWWDジャパン5月22日号は5月初めに開催されたINDITEX社の説明会に招待されて取材した内容を身開き2ページにまとめていたが、衆知の情報に加え、これまでベールに隠されて想像の域を出なかった「ZARA」の‘秘密’も一部、明らかにされた。
 衆知の情報としては以下の四点が知られていた。
1)欧州のコレクションブランドとほぼ同時並行の先行オリジナル素材開発に基づく付加価値の創造と自社染色整理工場による短サイクルなトレンド対応加工。
2)デザイナーからパタンナーまで社内デザインチームによる二週間での商品企画とスクリーニングを経て、生産して全世界店舗へ届くまで二週間という、素材備蓄が可能とするファストな開発体制。
3)約60%を占める欧州圏生産品は自社工場で裁断して付属も揃えて縫製工場に渡し、完成品を回収して自社工場で縫製検品と手作業のプレス仕上げを行って品質と完成度を追求。
4)総ての商品は世界の工場からスペイン国内のDCに集めて検品と物流加工を施し、そこから世界の全店舗に毎週二回、直送する、消費地にDCを置かず一蒔きに徹する完全直流型物流体制。

 今回、新たに明らかにされたのは以下の2点。
1)一部のアジア生産カジュアル商品を除いて、初期生産ロットは一型あたり“数千枚”に抑制され、全世界の「ZARA」2200余店からの発注によって“一蒔き”で蒔き切られ、補給在庫は残されない。
2)社内ネットに上げられる毎週二回の投入リスト(恐らくは消費者向けEC並みにビジュアルなささげ情報を掲示)に各店舗が数入れ発注して本部とのコミュニケーションを経て配分が決定されるSMIシステムを堅持しており、各店舗の達成責任を公正に評価するカバナンスが成り立っている。
 これは私の推測だが、13年来、欧州中心に布陣された多数のローカルDCはEC専用のフルフィルメントセンターであって店舗への補給もEC在庫と店舗在庫の融通も行わず、店舗の発注に基づく達成責任を明確に分離している。ファーストリテイリング社が立ち上げた有明プロジェクトがECと店舗のオムニチャネルな在庫引き当てを軸とするCMIな直流・交流並行型DBであるのに対し、INDITEX社はEC向けの交流物流と店舗向けの直流物流を明確に分離してSMIなDBガバナンスを堅持している。
 『経営とは“個人”の権限と成果を公正に評価するカバナンスである』というプリンシプルに立つ欧州企業と全体最適な中央集権ガバナンスに立つアジア的企業の根源的な相違ではなかろうか。

◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2017/05/23 09:15  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ