« 前へ | Main | 次へ »
上から目線も限度を超える
 2012年夏期以来のバーゲン後倒しも氷河期的販売不振の前に自然淘汰されたと思っていたら、まだ固執する商業施設があるようで、ほとんど実情無視の大本営的特攻になってきた。
 衣料品業界は需要量の倍も供給してバーゲンしてもアウトレットに回してもファミリーセールを乱発しても半分が売れ残る状況なのだから、オーバー供給とオーバーストアを皆で止めない限り、バーゲンは前倒しされる事があっても後倒しは不可能。商業施設が強権を発動して無理やり後ろ倒しすれば、山猫セールやシークレットセール、ECセールが先行して自分の首を絞めるだけだ。
 どんなに寡占的優越的地位に在る企業でもマーケット全体の‘需給の論理’に逆らうのは不可能で愚かと言うしかないが、可哀想なのは、その陰で振り回されるテナントや納入業者だ。
 後倒しを主張する側から聞こえて来るのは『プロパー販売強化』『繊維産地擁護』とまったくの消費者不在で‘錦の御旗’が見えないが、そんな企業に限って『従業員の労働軽減』などという綺麗事を打ち出してくる。バーゲン時期を後倒せば、テナントや納入業者は他館でセールが始まる商品を一旦引き揚げて先物や繋ぎ企画商品を搬入し、後発バーゲン前夜に先物を引き揚げてセール商品を再び運び込むという二重の作業を強いられる。強力な労働組合に守られた館側の従業員はさっさと引き揚げても、テナントや納入業者の従業員は深夜までの労働を強いられる。
 『従業員の労働軽減』と『バーゲン後倒し』は両立しない。それとも、館の言う‘従業員’にはテナントや納入業者の従業員は含まれないのだろうか。だとすれば‘上から目線’も限度を超えている。このギョーカイの経営層には創始者が「四民平等」を謳った義塾の出身者が多いが、いったい何を学んで来たのだろうか。

◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2017/03/31 10:02  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ