« 前へ | Main | 次へ »
最適フェイシング量と陳列の美学
 VMDは顧客の購買利便と店舗運営の効率を両立させる物流工学である一方、商品の企画意図やブランドイメージを美的に陳列表現する商業美術でもあり、そのどちらに偏るかでVMDの‘正解’は大きく変わる。その典型的な例が最適フェイシング量と陳列美学の衝突だ。
 店舗運営の基本中の基本が見易く買い易い陳列と欠品のないフェイシング量維持で、接客中に在庫探しにストック室に走る事が無いよう、朝夕定時に売場のフェイシング量を点検し、次回補充までの販売量を見込んで補充するのが売場要員の日課となる。チェーンストアの世界では‘常識’だが、ことファッション業界となるとイメージが先行してか基本が無視される事が多い。ゆえに、販売員が接客中にストック室に消えて顧客が長々と待たされるという事態が頻発する。
 そんな事態が頻発するのは‘適正フェイシング量維持’という業務慣習がなく、替わりに『ワンラックあたり○○枚まで、一山○○枚まで』といった‘美的基準’が定められているからだ。それが顧客の利便と販売員の生産性を損なっているとは言え、逆に‘適正フェイシング量維持’が物流センター紛いの苛重労働を強いているケースもある。
 単価が低く日々の販売点数が膨大な店では‘適正フェイシング量’も嵩み、標準店の棚割とフェイシング量では収まり切れず、二倍三倍のフェイシング量を詰め込む棚割を工夫しても朝夕の定時補充では追い着かず、ピーク時間帯に度々ストック室に走って補充する事になる。横田増生さんの「ビックロ潜入ルポ」などを拝見すると、そんな物流労働が推察される。
 どっちもどっちだが、それぞれに解決する工夫は幾つもある。問題は、そんな情況を『解決しよう』という意志が疑わしい事ではないか。投資を要するとか業務体系の刷新が煩わしいとか理由はあるだろうが、売場要員を安くこき使える間はそれで済ませたいと決め込んでいるとしたら未必の故意との批判は免れまい。

◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2017/02/28 09:22  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ