« 前へ | Main | 次へ »
綺麗事では救われない
 転職支援サービスの「クリーデンス」が毎年、この時期に発表する「ファッション業界 職種別平均年収」の2016年版では職種による年収格差が露呈していた。
 25〜29才の高年収職は「店舗管理」「OEM営業」、低年収職は「パタンナー」「販売」、30〜34才の高年収職は「店舗管理」「プレス・販促」、低年収職は「販売」「パタンナー」、35〜39才の高年収職は「OEM営業」「MD・バイヤー」、低年収職は「販売」「パタンナー」で、いずれの世代でも「販売」「パタンナー」が最下位だった。
 25〜29才では職種によって上下106万円、30〜34才では126万円、35〜39才では217万円と、キャリアを積むごとに職種で年収の格差が開いて行く実態が見える。三世代間の昇給巾を比較しても、最も高年収の「OEM営業」は187万円も昇給しているのに、最も低年収の「販売」は62万円しか昇給していない。職種に貴賤は無いとは言え、生産性の格差が反映しているのだろう。
 さらに2012年版と比較してみると、三世代平均で「OEM営業」の74万円増を筆頭にたいがいの職種が水準を上げたのに対し、「パタンナー」は25万円、「デザイナー」は20万円も年収が下がっている。世代別に見ると35〜39才で「パタンナー」は47万円、「デザイナー」も36万円、水準を下げており、両職種は全世代で年収が下がっている。他職種でも世代によっては下がったものもあるが、全世代で水準を下げたのは「パタンナー」「デザイナー」だけで、とりわけ「パタンナー」の落ち込みが大きい。
 ‘クリエイション’だ‘ものづくり’だと持ち上げても「パタンナー」「デザイナー」の年収は低く、12年からの落ち込みも大きい。‘ロープレ・コンテスト’‘神ってる’と持ち上げても「販売」の年収は全職種中最下位で、キャリアを積んでの昇給も最も小さい。
 業界の矛盾が押し付けられ低報酬を余儀なくされる職種はなり手が限られるゆえ、様々なキャンペーンで持ち上げるしかないのだろうが、そんな‘免罪符’的綺麗事で済まされては当人達は救われない。本当に‘ものづくり’を大切にしたいなら「パタンナー」や「デザイナー」はもっと厚遇されるべきだし、「販売」が重要だと認識しているなら使い捨て同然の待遇は店舗運営の仕組みを変えて改善すべきだ。
 ファッション消費が翳って行く中、綺麗事で済ませて働く者に犠牲を強いては優れた人材が集まらず、業界が行き詰まってしまう。顧客はもちろん、働く者たちとの‘絆’を再生すべく真摯なアクションが急がれよう。

◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2017/02/21 09:16  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ