« 前へ | Main | 次へ »
ジーユーはハイブリッドSPAに化ける
 2月3日に開催する「SPACニューイヤーコンベンション」へ向けて大手SPAの昨年度の主要商業施設における販売効率と既存店伸び率を調べた中、「ジーユー」の販売効率が「ユニクロ」を凌駕した事が注目されたが、売上の季節分布や月指数も「ユニクロ」とはまったく異なり、かつての‘ユニクロのお手軽版’という枠を超えての変貌が実感された。
 「ユニクロ」の売上は11月〜1月の冬期に36.7%(16年8月期/前期は39.0%ともっと高かった)が集中して春期の販売効率が冬期の半分に留まるという極端な米国型だが、「ジーユー」の売上は年間を通じて山谷が比較的小さく季節の偏りが見られない。ベーシックSPAたる「ユニクロ」の‘お手軽版’というかつての性格は微塵もなくなり、対極たるファストSPA「ZARA」の軌跡に近付いているように見える。
 「ユニクロ」のような売上の山谷が大きい‘大ロット売り減らし型’MD展開に比べれば、「ジーユー」のような山谷の小さいMD展開は値引きロスが少なくなるはずで、「ZARA」のように色数を絞ってロットを抑え‘ひと播き型’に徹すれば「ユニクロ」の半分ぐらいに圧縮する事も可能だ。売上の山谷が小さいという事は無理にピーク売上を追っていないという事でもあるから、色数を抑えてロットを絞る‘心太型MD’の一方で「ガウチョ」や「スカンツ」のようなピークを伸ばすパワーアイテムを仕掛けていけば、販売効率でも収益性でも「ユニクロ」を凌駕する稼ぎ頭に化ける可能性が極めて高い。
 「ジーユー」が目指しているのは「ユニクロ」的なベーシックSPAと「ZARA」的なファストSPAの両面の利点を並立させる第三のビジネスモデルたる‘ハイブリッドSPA’に相違なく、同時にAIとECを駆使して在庫効率と運営効率を最大化するオムニチャネルSPAを構想していると推察される。
 16年8月期の「ジーユー」売上は32.7%増の1878億円と国内「ユニクロ」(2.5%増の7998億円)の四分の一にも満たないが伸び代も出店余地も大きく、営業利益率も11.8%と国内「ユニクロ」(▼2.2Pの12.8%)の水準に迫る。「ユニクロ」より手頃な価格とトレンド鮮度を武器に国内やグレーターチャイナ圏を席巻し、「ユニクロ」が苦戦する欧米圏でも壁を突破すると期待される。

◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2017/01/31 09:24  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ