« 前へ | Main | 次へ »
素人目にもカッコよい店
 11月の始めに関西の新しいイオンモール(鉄砲町と四条畷)をリサーチした時、モールで目を惹いたお店があった。まったくの素人目でオオッ!と感じるままに選んだのが以下の三店舗だが、VMDの何たるかが推察できるというものだ。
 最初は「じぶんまくら」というオーダーメイドまくら専門店で、色相順に並んだまくらのカラーディスプレイが目印になっている。色相のみならずトーンのリズムも心地よく設計されており、やすらぎ感を誘う。レイアウトもほぼ各店統一されており、何屋さんか一発で解る。愛知県一宮市の(株)田中ふとんサービスが運営しているが、実は「スリーピングファクトリー」も「B-DESIGN」もみな同社が展開しており、グラフィックのレヴェルも高い。
 次は「コーナーズ」というスニーカー専門店で、ストリート感あるスニーカーブランドに絞って‘カッコよさ’を訴求している。運営しているのは「スポーツオーソリティ」を経営しているイオングループの(株)メガスポーツで、最近のイオンはVMD的にも進化が著しい。
 最後は「GEOGRAPHY」だが、ほとんどセレクトショップかと見紛うVMDセンスはジーンズカジュアル店の文法を超えている。奈良県香芝市の(株)ジェオグラフィーが関西中心に9店舗を展開しており、ヴィンテージカジュアルからストリートスポーツまでリミックスするMDセンスもイケている。
         ※       ※       ※       ※
 こうして見ると、カッコよいかどうかは素人が見ても玄人が見ても大差なく、何をどう売ってるのかはっきりと打ち出している店ほど目を惹くようだ。売れ筋を追ってMD編成が振れまくる店はどうVMDを工夫してもダサいバラックにしか見えない訳ですよ!!



 2016/11/30 09:09  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ