« 前へ | Main | 次へ »
W/R比率の裏腹
 流通の効率を図る指標に「W/R比率」というのがある。Wとはホールセール(B2B)売上、Rとはリテイル(B2C)売上を言い、業界のホールセール売上総額をリテイル売上総額で除した係数が小さいほど中間流通が少ない効率的な流通とされるが、このギョーカイの四半世の変化を見る限り、果たして‘効率的’になったと言えるのだろうか。
 実はファッション業界は最も‘効率化’された数少ない業界とされるのだ。90年の織物・衣服・身の回り品流通のW/R比率は2.54と中間流通が小売の2.5倍もあったのが00年には1.84と圧縮され、15年には0.81と1.00を割り込んでしまった。OEM/ODMの一般化に加えて00年の規制改革(定期借家契約導入)でテナント小売業の差し入れ保証金負担が激減して商品開発に潤沢な資金を回せるようになり、‘誰でもSPA’時代となってギョーカイのSPA化が加速度的に進み、1.00を割り込むという中間流通外しが実現してしまった。
 では、衣料品流通はそれで効率的になったのだろうか。バーゲンしてもファミリーセールを乱発してもアウトレットに回しても、なお半分が売れ残り、そのロスとコストを穴埋めすべく原価率が切り詰められ、お値打ち感を損なって益々、売れなくなるという悪循環を極めているではないか。
 こんな結果を招いたのは、衣料品生産の海外移転とロット発注というSPA事業者への在庫リスク一極集中であり、発注者が利益もリスクも抱え込んでしまう(受注者側は手数料収入もリスクも限られる)水平分業の弊害と言って良いだろう(10月26日の「水平分業と垂直分業」)。
 これまで幾度も「問屋無用論」が叫ばれてきたが、その理想を実現したSPA流通がもたらしたものは決して効率的な流通ではなかった。流通を効率化するのは発注者へ利益とリスクが一極集中するバッチな水平分業ではなく、販売と生産をオンライン連動するIOT垂直統合、はたまた流通の各段階がそれぞれにリスクを分担する垂直分業ではなかったか。衣料品業界の最盛期だった70年代の方が消化率も原価率もお値打ち感も今より遥かに高く、消費者も業界も今より格段に高感度だった、と言ったら皆さんは納得できるだろうか。少なくとも数値や品質で比較する限りは正真正銘な事実なのだが・・・・・
 破綻に瀕する衣料品業界を再生する突破口は供給数量の削減と『垂直分業への回帰』である事は間違いないが、その主導権を握るのはSPAでもアパレルでもなくリスク先行開発型のテキスタイルコンバーターに他ならない。韓国のファスト・テキスタイラーが今日もなおメジャープレイヤーとして多くのマンションメーカーやブティックSPAを支えている状況を見るにつけ、我が国衣料品業界の四半世紀が進化だったのか退化だったのか根底から考えさせられる。

◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2016/10/31 09:51  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ