« 前へ | Main | 次へ »
きものは崩さない方が良い?
 ついでがあって上野公園の一角で開催された着物イベントを覗いてみたが、目一杯根性入れて着物で装った来場者の一方で主催者側のスタッフはインスタントな装いが目立ち、凡庸でインパクトを欠いた企画も相まって、はっきり言って顰蹙ものだった。
 衿なし浴衣やセパレート着物、出気合い結びやリボン紛いの簡易帯など、インスタントな着物装いは快適さよりだらしなさばかりが目立ち、着物ならではの清楚さも意気も粋も感じられなかった。そこまで酷くはないものの、年齢や体型にそぐわない柄合わせや帯の幅と締め位置、結び方やお太鼓の厚さ、衣紋の抜き方など、半可通を超えて野暮の領域と言うしかない方々も散見された。
 サラシやタオルで寸胴に整形する‘正統派着付け’がいいとも思わないが、夢二風までセルをしどけなく着崩しては幸薄く見えてしまうし、加藤まさお風の女学生らしい銘仙も質素に過ぎよう。華宵風に華やぐのも一興だが、錦紗振袖では今時、動きがとれまい。個人的には蕗谷虹児風のアールデコな錦紗の装いがモダンで洗練されていると思うが、今時で言うなら斎藤上太郎風の凛とした艶やかさに通じるのかも知れない。
 着物は江戸中期の鈴木春信描く小股の切れ上がった町娘(合わせの浅さとO脚が決め手)や江戸末期の辰巳芸者の意気な男伊達で極まったもので、作り手側のクリエイションはテキスタイルに留まり、着る側のユーティリティ(着合わせ着こなし)が魅力の大半を占める。ストリートの若者のリミックスや着崩しを垣間見るにつけ、どこかに着物のユーティリティが通底するように感じられるのは私だけだろうか。


◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2016/09/30 09:12  この記事のURL  /  コメント(2)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント

衿を抜くのが流行った時代もあれば、衿を抜かずつめるのが流行った時代もあります。
お太鼓を小さく四角にするとよいとされた時代もあれば、富士山型として丸く山のように大きくするとよいとされた時代もあります。
足を長く見せるために年齢関係なく胸高気味に締めることが流行った時代もあります。
お太鼓結びも元々は深川の芸者が考案したものなので、それまでは、細帯でさまざまな結びをしていたもの、戦前の雑誌を読めば、作り帯を経済的文化的と推奨している記事もあります。そう考えると、簡易帯もありなのでは?
鈴木春信も辰巳芸者も江戸の粋(かっこいい系)ではありますが、関西ではガーリーなはんなり好みで、着物が日常できられていた同じ時代でも、関西と関東では着方の好み柄の好みは違います。華宵は憧れですが、リアルクローズのまさをも人気がありますよね。

江戸中期の鈴木春信描く小股の切れ上がった町娘(合わせの浅さとO脚が決め手)や江戸末期の辰巳芸者の意気な男伊達で極まったものは、ファッションとしての着物を成り立たせる一部でしかありません。
実際に若者がファッションとして着物を着て生活するには、どこまで粋(当時のやせ我慢の美学なので、現代に合わないところもあります)を求めるか、どこまで合理主義を持ち込むかの瀬戸際ではないか、
と記事を読んでて勝手ながらに思ってしまいました。
それぞれの好き好みの問題を、悪いよいに置き換えると、ますます、着物を着るかたが減ってしまうのでは。

失礼しました。


Posted by:えみ  at 2016年10月05日(水) 03:30

きものを含めて,ファッション初心者です。
 
先生の言う「正統派着付け」とは,どのようなものでしょうか。
 
日本は四季がある国で,キモノには格とかTPOがあると聞きます。
 
どういったものが正統派で,どのようになるとそれを外れるのでしょうか。
 
ご教示ください。
Posted by:柊 彼方  at 2016年10月03日(月) 23:12


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ