« 前へ | Main | 次へ »
近未来の店舗販売
 日経MJやShoppingTribeでユニクロSFユニオンスクエア店のAI仕掛けが紹介されている。顧客登録に導くキャラクター作成マシン「UMOJI」(SNSプリクラみたいなもんです)はご愛嬌だが、色違いや後ろ姿が見られるミラー型モニターの「メモリーミラー」、商品のバーコードをスキャンして在庫の確認や欠品のECサイト発注(店舗欠品お詫びの5$クーポンが付く)などが出来るタブレット型接客端末はAI接客が定着した近未来?(半年か一年先)の店頭販売を予見させる。
 ユニクロが米国店舗でこんなAI装備実験を進めるのは近いうちに日本を含む世界中の店舗に実装する計画なのだろうが、日本から始めないのはECへの売上流出を恐れる商業施設デベの過剰反応を面倒がっての故だろう。テナントのオムニチャネルアクションに商業施設デベが一切、規制も課金もしない米国だから先行実験に取り組めるのだと思う。こんなところにも進化に取り残されるギョーカイ事情が見え隠れする。
 AI自動接客のエントリーは牛丼屋や立ち食い蕎麦屋の券売機だが、最近はAIが高度化してメニューやトッピングの選択、多様な支払方法の選択など結構不自由無く使えるから、遠からず可愛い声で音声対応するロボット型に進化するのかも知れない(技術的には容易だが視聴覚障害者対応もお忘れなく)。未だバイト君がマニュアル通りにオウム返しするファストフーズ系の注文カウンターなど前世紀の遺物みたいなものだ。ましてや『何をお探しでしょうか』などと声かけて来るのに在庫探しも手間取るようなアナログ販売員がいつまでも多数、必要だとは到底、考えられない。同じく前世紀の遺物となるのも時間の問題なのではないか。
 恐らくは商品選択・レコメンドから在庫検索・引き当てまで前半分の販売プロセスと最後の支払いプロセスはAI化(モバイル決済)され、フィッティングだけがヒューマンタッチな領域として残るのではないか。ならば、フィッティングスキルとそれに対応するお直しプロセスが重要な差別化要件になるが、果たしてスキルやスピードで優位に立てる販売員や企業がどれほど在るのだろうか。

◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2016/08/31 09:14  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ