« 前へ | Main | 次へ »
VMD指導の目的
 今週は火曜日が某大手百貨店自主編集売場、水曜日が某大手セレクトショッブと月例VMD指導が連続。前者は閉店後、後者は開店前でしたから水曜日の朝はちょっと疲れました。睡眠時間に食い込む訳ではありませんが、テンション高めに神経を集中する指導なので、疲労がキツイのです。
 某大手百貨店では三つの自主編集売場を掛け持ち、Aで修正を指示してスタッフが陳列作業をしている間にBを指導し、Bが修正陳列をしている間にCを指導。またAに戻って陳列を点検して指示を出し、BCへ回る。最後にABCと今日の総括をして回る訳です。現場が理解し自分で出来るよう、理屈と技法を懇切に説明しなければなりませんから、相当のテンションが必要なのです。翌朝の某大手セレクトショップも路面の大型店で、レディスのカジュアル、ドレス、メンズのカジュアル、ドレスと四つの売場を同じように指導して回るのですから、前夜同様のパワーが求められます。
 前者は始めてまだ間も無いので基本のルールと技術が定着しておらず、テイストやカテゴリーの区分けが混乱していたり、色の配列順が汚く狂っていたり、アイテムの並べ順がルックになっていなかったりと、基本を徹底するのに時間を食われてしまいます。後者はもう2年目なので基本はほぼマスターされ、売りたいアイテムをキーとしたモノルック出前のラックを設定したり、新鮮アイテムをスパイスしてシーズン強制シフトをかけたりと売りに直結する仕掛けを教えています。
 VMD指導の目的は三つ。一つは現場の運用能力を高めて手応えを実感させ、投入と販売の動向に即して自ら売れる陳列を編集出来るよう育てる事。ひとつは本部からのデリバリーと陳列指示を一定のルールの下に現場が運用出来るよう基本ルールと運用ルールを確立し、組織として効率的な運営とブランディングを実現する事。一つはスムースな運営とブランディングを実現すべく、売場のVMD展開と商品計画の枠組みを一致させる事なのです。ですから、VMD指導には必ず事業部長やバイヤー/MDに立ち会ってもらいます。技術の修得に留まらず組織としての体制確立を目指すものなのです。
 2006/09/21 16:45  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ