« 前へ | Main | 次へ »
枚方Tサイトとギョーカイのセンス
 昨日は早起きして大阪の仕事の前に枚方のT-SITEを覗かせてもらったが、「半径2km」と割り切った足下MDの徹底度はともかく、大きく空けたガラス壁からの外光をウッド・ブラインドの反射で補正したり、EV背面をガラス張りにして背後の壁面に描いたアートを透けてみせるなど『さすが増田CEOの感性はハイレヴェル』と唸らせるものがあった。
 「半径2km」のコンセプトを徹底するには足下生活者の最寄りニーズを押さえて来店頻度を稼ぎ、‘時間’を消費させて客単価を重ねてもらうというMDが肝要だから、書籍とAVメディアの「TSUTAYA」を軸に食品(B1の生鮮三品と北野エース、1Fのベーカリー)とカフェやレストランなど飲食サービスを主力とするのは当然で、最後まで詰め切れなかった4F(暮らしと美容)だけが浮いて見えた。コスメと美容サービス+サプリ/ドラッグに徹っするべきで、アパレルはサロン販売のセレクトショップに絞り、雑貨は季節催事運用に割り切るべきだろう。「半径2km」の足下型商業施設としては過剰品質に思えるほど外観も各フロアのインテリアや照明も「代官山T-SITE」並みの高質感を実現しており、4Fだけがその点でも違和感があった。
 建築的にはモダニズムの先端を意識しながらもインテリアではナチュラルな高質感やゆったりした空気感を表現するT-SITEと較べれば、ファッションギョーカイの建築的センスには疑問を感じてしまう。
 ギョーカイのクリエイティブ?な方々は昔からコンクリート打ちっ放しに蛍光灯というシュールモダンなストアデザインがお好みのようで、近年のナチュラルなライフスタイルブランドでさえ床も天井もモルタルというインテリアが少なくない。さすがに照明は蛍光灯ではなくLEDになってはいるが、ナチュラルな商品とクールな空気感のギャップには違和感を否めない。建築やアートの世界では素材と光の干渉や空気感を意図するのはジョーシキだし、光のレイヤーを重ねるほど陰影が深まり複雑なニュアンスも仕掛けられる。そんなジョーシキでこのギョーカイの感性を俯瞰すると???と思わされる事が多い。
 モルタルの床や天井は照明の光を蒼く偏光して反射するから、4000〜5000kの蛍光灯では屍体置き場のようなシュールモダンな空気感が生じる。それを意図しているなら良いのだが、ナチュラルなライフスタイルやナチュラル素材アイテムを売るブランドがモルタルの内装に3000kのLEDを配してもモルタルに反射して4000k以上に蒼くなり、空気感も堅くなってしまう。
 ナチュラルでゆったりした空気感を表現したいならモルタルの内装は部分的に留めて自然木を多用し、3000k前後のLED照明のレイヤーを重ねて肌触りのよい空気感を表現したい。写真撮影の設定で言えば、絞り優先でシャッター速度を遅めにして気持ち露出アンダーな柔らかい空気感を表現するという事でしょう。
 このギョーカイの方ってホントにクリエイティブなんでしょうか・・・・







◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2016/07/29 10:13  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ