« 前へ | Main | 次へ »
欲望とコストを清算する必然のカタルシス

 日曜の日経新聞朝刊のコラムで12月の輸出総額35%減、新車販売台数22.3%減、工作機械受注71.8%減、鉱工業生産指数11.4%減という経済収縮の惨状が報告されていましたが、その中で百貨店売上高が9.4%減というのは意外に思えます。セールの前倒しなど営業努力で下支えした結果でしょうが、2月3月の春商戦では二桁減が避けられないでしょう。12月でも高級品に特化した百貨店は20%減と悲惨でした。
 恐慌が実態経済に波及して生産も雇用も消費も収縮スパイラルに陥る中、ファッション消費は意外に底堅いというのが私の実感。確かにラグジュアリーブランドや高級プレタは6掛け7掛けの惨状で、百貨店NBも平均すれば9掛け割れというのが冬商戦の趨勢でしたが、駅ビルやSCの平均は水面前後を保っており、自動車産業や家電産業が集中する中京・東海地区を除けば百貨店のような大幅な落ち込みは見られません。ファッション消費総体が落ち込んでいるのではなく、バブルなコストが乗った割高な流通からコストの低いお値打ちな流通へ消費が移動しているのが実態のようです。
 恐慌の現実に直面した消費者は皆それぞれに支出の総棚卸しを行い、不要不急な支出や不合理に割高な支出を抑制しているのだと思います。派遣社員の雇い止めに始まった雇用収縮が正社員にまで及ぶのは避けられず、支出の棚卸しは一段とシビアにならざるを得ないでしょう。となれば、法外な歩率が乗った百貨店流通や極端にロスの大きい量販店流通は崩壊せざるを得ません。
 百貨店は自前のレジ&包装体制の廃棄やスタッフ組織の圧縮でコストを抑制して消化仕入れの歩率を半減するとともに、SPA型(セレクトSPA含む)調達の自主売場を拡充してバリューと収益の両立を実現しないと破綻は避けられないでしょう。量販店衣料部門は一方的な顧客の切り捨てをやめて品揃えを緻密にし、調達射程の短縮と投入の高頻度化、適確な在庫編集運用によってロスを圧縮し、バリューを高めて顧客に応えるべきでしょう。SPA企業にしても原価率を高めてバリューを革新し(35%以下では顧客が離れる)、多頻度投入や在庫編集運用によって消化回転を高めロスを圧縮する努力が不可欠です。
 恐慌はバブルに肥大した消費者の欲望と企業のコストを清算する必然のカタルシスであり、地球と人類文明の破綻を回避する神々の鉄槌に他なりません。欲望にも資源にも限りがあるのです。
 2009/01/26 10:02  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ