« 前へ | Main | 次へ »
新ブランドの傾向と注目ブランド
 本日午後に開催する6月度SPAC研究会では『有望マーケットポジションとパワーコンセプトを探る』をテーマに、当社が25年に渡って毎シーズン制作している「ブランドツリー」(レディス/メンズ)の16SS版とそのゾーン/タイプ/ブランド別の直近販売成績を検証し、需給ギャップを判定して今後の有望ポジションを提示する。
 衣料消費の低迷を反映してか新ブランドは極めて限られ、廃止/休止されるブランドの方がはるかに多い。百貨店など大半は前世紀に開発されたブランドばかりで、駅ビルやファッションビルの新ブランドも多くは既存ブランドの複合や編集、雑貨や飲食の付加に留まり、MDの同質化もあって鮮度があるとは言い難い。限られた新ブランドはオムニチャネル化を反映してかECブランドの直販店、‘クール・ジャパン’を反映してかファクトリーブランドの直販店やドメスティックブランドのセレクト、ヤングのネオギャル系やジェンダーレス/ユニセックス系、アスレジャーなどスポーツコンセプト系、シャツやパンツなど単品コンセプト系が目立ったが、不振が深まる百貨店やSCではほぼ皆無だった。
 そんな中、SPACメンバーが注目するブランド/業態では13業態が挙げられたマッシュグループが3回連続して断トツの最多票を集め、業績V字回復のアダストリア、ファーストリテイリング、ユナイテッドアローズ、トウキョウベース、ストライプインターナショナル、トゥモローランド、サザビー、パルグループ、ウィゴーまでがベスト10だった。その一方、13年11月の調査まではベスト10にアーバンアウトフィッターズ、Jクルー、ギャップ、H&Mが入っていた外資SPAは14年10月の調査以来3回連続して皆無で、新たに上陸した業態にも票が入らず、トップショップやオールドネイビーの撤退もあって日本市場のローカル回帰を実感させた。一時は注目された郊外SCのファミリー業態も今回はまったく票が入らなかった。
 このような情勢やオムニチャネル化の急進にともなうFDORの台頭を受け、SPACではブランド/業態開発の根本的スタンスをマーケットインからプロダクトアウトへ転換するよう提言する。その要点は1)供給の逆臨界点に拠るブランド神話の創成、2)生産効率・流通効率至上の単品FDORだ。詳しくは会場でお話ししたい。

◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2016/06/29 09:19  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ