« 前へ | Main | 次へ »
ZARAが一人勝ち
 繊研新聞は毎年5月に全国の服飾専門学校学生を対象に行っている「ファッション意識調査」(回答1505人、うち女性79.5%)で「好きなブランド」「よく買うブランド」どちらも「ZARA」が初めて一位になったと報じていたが、『さもありなん』というのが私の実感だ。なぜなら、販売不振で大規模リストラを発表したギャップ社を筆頭に、ユニクロ(ファーストリテイリング社)は度重なる値上げによる客離れに苦しみ、H&Mも既存店の前年割れが続くというグローバルSPA総崩れの中、ZARA(インディテックス社)だけが快調に業績を伸ばしているからだ。
 グローバルSPA上位4社の直近決算期における売上前年比(現地通貨ベース)はギャップ社の98、国内ユニクロの109、H&M社の111に対してインディテックス社は115と抜きん出、既存店売上でもギャップ社96.0、H&M社99.0(推計)、国内ユニクロ106.2、インディテックス社108.5と同様な格差が見られる。営業利益もギャップ社が26.8%減、H&M社が5.3%増に対してインディテックス社は国内ユニクロと並んで15%増、営業利益率はギャップ社の9.6%、国内ユニクロの10.3%、H&M社の14.9%に対してインディテックス社は17.6%と抜けて高い。直近3〜5月単純平均の既存店売上前年比もギャップ社の93.7、H&M社の94.0(推計)、国内ユニクロの102.3に対してZARAは109.5(日本国内推計)と突出している。
 ZARA一人勝ちの理由は根源的な要因と近年の戦略的要因の両面が指摘される。根源的要因とは『ZARAはファストファッションではなくコレクションブランドだ』という一面の事実だ。ZARAのMDは欧州主要メゾンの素材開発と並行するテキスタイルの先行調達とその自社内染色整理によるトレンド対応を基本に週サイクル(デリバリーは週2回)で新鮮企画を投入するもので、デザインと面はファストでもテキスタイルは先行開発の‘コレクション’なのだ。ゆえにZARAの店頭はH&Mのような乱雑なVMDにならずテキスタイルと色柄のストーリーが通底する。
 近年の戦略的要因とはインディテックス社独自のグローバル直流ロジスティクス体制(本社DCを調達と出荷の双方向物流ハブとし世界各消費地にDCを持たない)をECの急拡大に対応してローカル交流ロジスティクス体制(世界の各消費地にECと店舗に補給するDCを置く)に切り替えた事で、欧州ではほぼ完了して日本でも昨年、DCを設けている。生産地DC軸直流ロジスティクス体制を採るユニクロはこの戦略転換が遅れ、ようやく今秋から第一弾の有明DCが稼働するという段階だ。
 この戦略転換が奏功してインディテックス社の既存店売上が上向いた一方でH&M社は伸び悩み、両者の商品回転と営業利益率の格差も開いた。ユニクロこそインディテックスを追って戦略転換を急ぎEC比率も5%台半ば(グローバルでは6%台半ば)に上昇しているが、13年からECを始めて日本では今春立ち上げたばかりのH&M社などまだ数字になっていない。
 経済が新興国主導から先進国主導に回帰する今日、ファストファッションの時代は過ぎ去り、コレクションMDとオムニチャネルへの対応次第でグローバルSPAの業績にも格差が開きつつある。その両面の勝ち組としてZARA(インディテックス社)が突出して来たと見るべきだろう。



◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2016/06/22 09:52  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ