« 前へ | Main | 次へ »
生産は先進国に回帰する?
 独アディダス社はドイツ南部アンスバッハに新設する「スピードファクトリー」で17年からロボットによる靴の生産を始めるそうだ。同社は93年に国内生産から撤退してアジアでの外注生産に転じており、四半世紀ぶりの国内回帰となる。
 背景はアジアの経済発展による生産コストの高騰と先進国市場における需給ギャップで、先進国でのロボット生産でコストを削減し消費地のニーズにタイムリーに応えるためと推察される。アディダス社は先進国でのロボット生産は部分的なものでアジアの下請工場に直ちに替わるものではないとしているが米国でもロボット生産を計画しており、大量生産のベーシックラインはアジアでの労働集約的計画生産、中少量生産のデザインラインは消費地での機動的ロボット生産、と使い分けるものと推察される。ナイキにも同様な動きが見られるから、グローバルなスポーツブランドに共通する戦略転換なのだろう。
 靴に限らず、台湾のフォックスコン(シャープを買収した世界最大のEMSホンハイ)もロボットの大量導入で生産性の飛躍的向上を計画しているし、日本の島精機も独自技術のホールガーメントニット自動生産システムで国内回帰を目論んでいる。アパレル生産が空洞化し果てたとは言え我が国の織機や編み機、縫製ミシンなど繊維機械産業は輸出産業として健在で、労働集約産業と言われて低賃金国へ移転が進んだアパレル生産も技術革新による高速自動生産で国内回帰が可能だと気焔を揚げている。
 世界の製造業は東西冷戦が終結した90年以降、旧社会主義圏を取り込んでグローバル水平分業が急進し、日本の繊維産業に限らず先進国の労働集約産業は悉く空洞化したが、近年の新興国賃金の高騰とIoTなど技術革新の急進で労働集約産業も先進国回帰が可能となる一方、遠く離れた新興国での計画生産と先進国消費地での販売消化とのギャップが経営を圧迫するに及び、生産の先進国回帰が一気に進み始めたと言う訳だ。
 とは言え我が国のアパレル製造業は長年の業績萎縮で資金も乏しく、大規模な設備投資に踏み切れる事業者は限られる。生産の海外移転とともに輸出で業績を伸ばして来た繊維機械産業が本気で国内製造事業者への啓蒙と与信に踏み切るのか、行政の後押しも含めて動向が注視される。

◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2016/05/31 09:18  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ