« 前へ | Main | 次へ »
SNS的キュレーションストア
 「ビームスジャパン」が4月28日に新宿、「H BEAUTY&YOUTH」が翌29日、青山にオープンしたが、方や新宿発のジャパンカルチャー発信、方や青山発のインターナショナルフュージョンという違いはあっても、大手セレクト両社がほぼ同時にキュレーション型の大型コンセプトストアを世に問うた事は極めて興味深い。大手セレクトは近年、売上のスケールを追って平板なSPAに流れセレクト本来の尖った提案力を失いつつ在ったが、調達コストの高騰で価値と価格の折り合いが破綻するに及んでキュレーション型セレクトストアという原点回帰的な回答に至ったと思われる。
 原点回帰と言ってもセレクト発祥の90年代とはマーケットも競争環境も一変しており、グローバル化/ボーダレス化/オムニチャネル化/SNS化が著しい。国内外のブランドはもちろん新品とデッドストックやユーズド、工業製品と工芸品や‘作品’が交錯し、B(業界)とC(ユーザー)、M(男)とF(女)の際も崩れ、SNSがBとCの情報格差を突き崩してファッションシステムを揺るがし、越境ECがブランドのローカル・マーケティングを脅かし、ウェブでは望むと望まざるに関わらず瞬時パーソナルにレコメンドされる今日、かつてのセレクトショップは編集陳列の物理的な限界を超えるオムニチャネルなSNS的キュレーションストアに進化変態せざるを得ない。
 両店が‘物理的な限界’を超えるキュレーションストアと言い得るほどオムニチャネルなAIを装備しているとは見えないが、コンセプチュアルでボーダレスな品揃えをスタッフと顧客のリレーションでパーソナルにレコメンドする「ヒューマンリレーション型キュレーションストア」と位置付けて良いだろう。
 オムニチャネルなAIキュレーションには遠いとは言え、SPA化して存在意義を問われるに至った大手セレクトがSNS的キュレーションストアという回答を具現化した記念碑的コンセプトストアとして歴史に残るに違いない。


◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2016/04/29 17:30  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ