« 前へ | Main | 次へ »
渋谷はロストシティになるの?
 月例の「販売データ交換会」を木金に控えてランチついでに渋谷を一周したが、昼時とは言えB5〜2Fの谷底トランジットエリアこそ人の流れがあったものの、109からセンター街、井の頭通り、公園通りと歩いても人通りは疎らで大半が外国人観光客だった。いったい、渋谷に来ていた日本の若者は何処に行ったのだろう。
 109はテナントを入れ替えても勢いを盛り返せずルミネエストにお株を奪われ、渋谷西武のB館など昼間っから薄暗く人影も疎らで、買い物しているのは少数の外国人ばかり。リニューアルして「MODI」になったばかりのマルイも人が入っているのは飲食だけで、2F〜7Fは化粧直ししただけで昔の姿と変わりないように見える(売上仕入れ契約が定期借家契約になっただけ)。ゾーニングもストーリーのない売場貸しで、地方のファッションビルのようだ。
 渋谷って何時からこんなつまんない街になったんだっけ。何だか東北沢商店街みたいなカビ臭ささえ漂って来る。
 70年代に盛り上がった東北沢が道路計画で商業投資がストップしたまま寂れてしまったように、遥か先に完成する谷底の駅ビルや東横デパート(20年から27年にかけて完成予定)、パルコの建て替え(今8月7日で営業終了して19年9月の開業を予定)、西武百貨店の建て替え(20年以降)を待っているうちに他の街に人が流れて渋谷は寂れてしまう。谷底からそれぞれの方向に坂を登って行く拡散型の都市構造こそ渋谷の魅力で、トラフィックが谷底の地底に潜り垂直に伸びる高層ビル群に人の流れを集約しては街の広がりが損なわれ魅力を失ってしまう。
 百軒店から円山町、そして神泉へと流れる妖し懐かし昭和の街並が消えて久しく、かつては若者で賑わった無国籍通りやファイヤー通りからも人通りが消えて行くのはヒジョーに寂しい。このままでは渋谷はオリンピック前にロストシティになってしまう。いったい誰が渋谷をこんなにしてしまったのだろう。

◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2016/04/22 09:17  この記事のURL  /  コメント(1)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント

いつもブログの方、拝見させていただいてます。
20歳男です。
個人的な所感ですが、文化服装学院に通学するような人を渋谷でほぼほぼ見かけません。
渋谷には高感度なセレクトショップが集まっているという理由くらいしか渋谷に向かう理由も存在していません。
若者が渋谷にしかない遊び場に集まることが少なくなり(また、それ自体も無くなり)、居酒屋や、ボウリング・カラオケまたは地方でもあるショップに行くことで渋谷という場所の特権性は失われているように感じます。
流行の先端を走るファッションをする人も、雑多とした商業施設に、作られた街のイメージを感じ、渋谷のカルチャー発信拠点としての特権性を感じにくくなっている印象です。
散文失礼いたしました。
Posted by:タケ  at 2016年04月22日(金) 22:29


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ