« 前へ | Main | 次へ »
日常から乖離する商業施設
 3月25日に新宿駅新南口に開業したルミネの「NEWoMan」はメンズ館かと錯覚させるネーミングの違和感もともかく、土一升金一升の超一等地にしては郊外やリゾートのライフスタイルや裏通りの宝探し感を訴求するような新業態や派生業態が目立ち、忙しいターミナル利用者が求める便宜性とは異次元の構成にギョーカイと消費者の乖離を感じた。
 3月31日に数寄屋橋阪急跡に開業した「東急プラザ銀座」は江戸切り子をモチーフにデザインされたガラス張りのモダン建築が秀逸で、6〜11F吹き抜けのキリコラウンジや屋上のキリコテラスなどパブリックスペースの大判振る舞いには圧倒されたが、主役は1〜2Fの欧米ブランドのフラッグシップストア、6〜7Fの「ファインドジャパンマーケット」、8〜9Fのロッテ免税店、10〜11Fの‘多国籍’レストラン街という外国人観光客向け施設で、3〜5Fのファッション関連は魅力的なショップが揃うとは言え‘場違い’という違和感を否めず、東急百貨店の「ヒンカリンカ」(初音ミク曲のモジリみたい?)など顧客が見えない売る側の自己主張‘作品’としか見えなかった。
 そんな中、ホンモノの‘作品’を世界のクリエーターからセレクトしてホンモノの衣装道楽顧客とコミュニケートする「コンセント パリ HPフランス」がキラキラ輝いて見えた。マーケットの主流は‘工業製品’としての衣料品とは言え、‘作品’と認めるしかないほどクリエイティブで完成度の高い楽しい衣料品や服飾品も世の中にはあるんだと再認識させられた。‘お土産物’が氾濫する「ファインドジャパンマーケット」の中にも「IKJI」や「sof」など‘工芸品’と評価したくなる衣料品や服飾品も散見された。
 ネットショッピングが拡大してオムニチャネル販売が必然となり、取り残された従来型店舗販売が苦戦する中、近年の商業施設はインバウンドかエンターテイメントを志向して国民の日常生活消費からはどんどん乖離している。今回の「NEWoMan」や「東急プラザ銀座」にせよ日本郵便の「KITTE」にせよ三井不動産の「EXPOCITY」にせよ、それぞれに非日常のエンターテイメントを競っているように見える。商業施設が非日常を志向すればするほど日常の消費はネットに流れるとすれば、遠からず商業施設はテーマパークやレジャーランドのような日常生活から乖離した存在になってしまうだろう。
 立地や顧客によってはインバウンドやエンターテイメントを志向する商業施設があっても良いが、ターミナル拠点や日常生活拠点の商業施設が顧客の便宜から浮き上がるのは如何なものかと思う。‘販物分離’が必然の空港型免税店はともかく、商業施設がECを取り込んだオムニチャネルな‘販物分離’サービス体制を導入しない不明にも失望せざるを得ない。‘顧客本位’がどんどん建前になっていくギョーカイの未来はITプラットフォーマーに蹂躙されるSFの世界となるのだろうか。 




◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2016/03/31 11:11  この記事のURL  /  コメント(1)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント

今の日常とは、どんなものでしょうか?最近は大人(20〜30代)でも電車の中で御握りやコーヒーを立ちながら食べたり飲んだりしている姿を良く見ます。イベントの帰りも着ぐるみ来たまま乗り込んできますよね。耳や羽がついてるヤツをね。これが日常でしょうかね。スマホで買い物する世代の今後はどうなっていくのでしょうか? リアル店舗は変化せざるしかない状況です。色々アドバイスの記事をお願いします。
Posted by:中野  at 2016年04月01日(金) 09:29


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ