« 前へ | Main | 次へ »
‘白い箱’‘ロフト’‘茶色い箱’
 館の新規開業やリモデルで訪れるストアやブランドショップの第一印象は‘光’と‘アーキテクチャー’だ。
 内装も建築も構造(アーキテクチャー)と装飾(デコレーション)のバランスだが、構造が強いほど賞味期間が長く、装飾が強いほど飽きが早くなる。数十年も使用する建築に対して定期借家制度下の内装は賞味期間が格段に短く、装飾で誤摩化してアーキテクチャーを欠く‘バラック’に流れ易い。SCや駅ビルに並ぶ店舗の大半は什器を並べただけの‘バラック’か、デベから渡された空間を白ペンキとモルタルで下地仕上げしただけの‘ロフト’で、アーキテクチャーが目を惹く店舗は滅多に見られない。
 ‘アーキテクチャー’は玄人目でないと解らないかも知れないが、‘光’の方は誰にもすぐ解る印象を与えてくれる。モードに流れた近年は白ペンキ塗りの‘白い箱’かモルタルを打った‘ロフト’ばかりになっていたが、これをクールに見せるか温かく見せるかの分かれ目が照明と内装反射の微妙なバランスだ。
 ‘ロフト’の場合は幾ら温かい照明にしてもモルタルの反射で光はクールに振れてしまい、5000Kかと思って照明を見上げると3000Kだったりして反射の魔術に驚かされる。ましてや壁や天井をグレーやブルーに塗ったりしては超クールな光になり、空気も冷え冷えとフリーズしてしまう。‘白い箱’の場合は照明を素直に反射するから、温かくしたければ3000Kベースにすればよいし、クールにしたければ4000Kベースにすればよい。‘白い’と言ってもわずかに黄みや赤みを入れたり青みや緑みを入れれば光も微妙に振れるから、意図して仕組む事も多い。
 トレンドがローカル&ナチュラルに転じた今、‘白い箱’も‘ロフト’もクールに見え過ぎるが、‘茶色い箱’もやりすぎると照明効率が落ちて空気がよどんでしまう。‘茶色い箱’とは床や什器、果ては壁まで木(多くは木地に見える合板やプリントシールだが)を使って渋くあるいはナチュラルに仕上げた空間で、温かく落ち着いた光と空気になるが、木地が濃すぎると照明が吸収されて効率が落ちるし、3000Kが2000Kに見えるほど黄色く振れてしまうと空気がよどんで仕舞た屋っぽく見えてしまう。
 店舗設計では‘時代の空気と光’が要になるが、短サイクルなファッショントレンドに流されず時代の文脈を読んで賞味期間を伸ばし、照明と内装反射のテクニカルなバランスも考慮して‘時代の空気と光’を表現して欲しい。
※‘K’(ケルビン)は光の色味を現す単位で、値が小さいほど赤み寄り(暖かく和む)、値が大きいほど青み寄り(クールで緊張)になる。



◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2016/01/21 09:49  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ