« 前へ | Main | 次へ »
16年のキーワードは「復活」と「相互乗り入れ」
 15年のブログも今日でラストになるが、今年を総括するキーワードは「反転」に尽きると思う。
 ファッションの世界では「H&M」上陸以来の‘グローバル&モード’シフトがピークアウトして‘ローカル&ストリート’に回帰し始め、ジーニングや後加工、リメイクが復活し、‘グローバル&モード’が席巻した数年間に作られた真っ白いストアが浮いて見え出した。スタイリングも13年頃をピークとした上下ともスキニーなラインが14年の‘ドメコン’ブームで上下とも構築的なビッグラインに流れた後、15年は下膨れの‘ガウチョライン’が氾濫し、秋冬では緩い腰回りと上下窄まりの‘テディベアライン’へと移行し始めた。
 ビジネスの世界では13年の‘ショールーミング・パニック’から14年は積極的なO2Oに転じて15年は顧客と在庫の一元化を軸に‘オムニチャネル戦略’がキーワードとなったが、先行する企業では行き詰まった店舗事業の経営効率をEC事業の経費効率と在庫効率に近付ける‘経営のオムニチャネル化’へと動き出した事が注目される。
 加えて、インフレが調達コストのみならず不動産コストや労務コストに広がるに連れ、各社各グループの閉鎖的だった事業プラットフォームを相互乗り入れに切り替える動きも始まった。ITビジネスの世界ではとっくにジョーシキとなっていた「オープン・プラットフォーム戦略」がようやくリテイリングの世界にも波及し始めたが、セブン&アイHDは独占的オムニチャネル戦略に固執し、未だ商業施設デベや百貨店の多くがラッダイトなショールーミング恐怖症を脱せず、オープン・プラットフォームな「相互乗り入れ型オムニチャネル戦略」に目覚めないでいるのは異様な機会損失と言うしか無い。
 16年のキーワードはズバリ「復活」と「相互乗り入れ」だと思う。前者はファッションを軸とした消費のトレンドで、60’Sや80’Sに加えて「裏渋谷」や「裏原」のストリートスタイル、モードに追い払われたはずの様々なローカルスタイルが「復活」する。「○○リバイバルブーム」と言い換えてもよいだろう。
 後者は流通を軸としたビジネストレンドで、ポイントシステムやECメディアから受け取り拠点や物流インフラまで、オープン・プラットフォームな「相互乗り入れ」が加速度的に広がるだろう。独占的優位と錯覚していた自社プラットフォームが相互乗り入れに取り残された陸の孤島と化す暗転劇とならぬよう、オープンマインドな戦略視点が求められる。
 「相互乗り入れ」はまた、B2BやB2Cを消費者参加のC2C感覚で運営するオープン・プラットフォーム革命をも意味する。そこまで行くと「相互乗り入れ」と言うより「フリーライド」と言うべきかも知れない。顧客に参加してもらう事で事業運営経費のかなりの部分が「フリー」になり、C2Cパワーが「フリー」で営業を広げてくれる。今やSNS社会のジョーシキとなったビジネスモデルだが、感性の非対称性を売り物にして来たファッション業界や奴隷制資本主義の蟹工船体質を引き摺る流通業界には未だ理解が及ばないのかも知れない。
 マーケットにもビジネスにも置いて行かれないために、16年は「復活」と「相互乗り入れ」を肝に銘じて頭を切り替えたいものだ。

◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトをリニューアルしました
 2015/12/28 09:54  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ