« 前へ | Main | 次へ »
店頭VMDのチェックポイント
 毎月20日前後はSPAC研究会の準備に加えてクライアントの店頭VMD指導が重なり、開店前早朝の陳列編集作業から夜間の「販売データ交換会」までぶっ通しになって結構疲れる。開店前の店頭VMD指導も都内ならまだしも埼玉や千葉の郊外だと早起きして通勤電車を乗り継いで行かねばならず、連日になると老体に堪える。それはともかく、店頭に行ってまずチェックするのが以下の7点だ。
1)シーズン進行と品揃えや陳列訴求がズレてないか。
2)シーン/テイスト別の編成が崩れてないか。
3)旬のルック/アイテムが打ち出されているか。
4)素材とカラーは集約して打ち出されているか。
5)靴/バッグ/スカーフなどの小物合わせがマッチしているか。
6)‘腐った魚’(前サイクルを象徴する柄物など)が残っていないか。
7)出前と元番地、ストックの在庫配置は適正か。
 とりわけ11月は12月戦を控えての梅春商品の展開が要で、長らく店頭に在って鮮度の落ちた濃色・暖色の冬物を集約したり引き上げて店頭のフェイスを空け、スノーカラーやパステルカラーの獣毛混や起毛のアイテム(特にニットとコート)を大きく広げて陳列する。これだけで周囲の店を季節感と鮮度でリード出来る。
 これらをチェックし編成を修正して店頭のメイン出前テーブルだけは完璧に組み直し、時間があれば他の出前も組み直し、カラーグルーピングやカラー配列順まで手を入れるが、翌20日体制のルック/アイテム、素材/カラーの出前配置と元番地のグルーピングを指示するので手一杯になってしまう。
 そんな営業的売場構築の一方で先行店の売れ筋情報や競合店の好不調、2〜4ヶ月先の仕込み状況に目を光らせ、来シーズンの素材展も一巡して時代の光と空気、ユーティリティの先を読む。それが在ってこそ今の売場が組めるのだと思う。
 2015/11/19 09:07  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ