« 前へ | Main | 次へ »
広がるショールームストア
 高島屋は品揃えが限られる地方店や郊外店にショールームストアを設け、サンプル商品を展示したりタブレットで接客して店頭と取引先のECサイトを繋ぎ、品揃えを拡大して店頭を活性化する。立川、柏の直営2店と高崎、岐阜、岡山、米子の子会社4店、計6店舗で着手し、売上は各店舗に計上する。並行して高級ブランドを揃えた外商専用サイトを立ち上げ、550人の外商員ではカバーし切れない30万口座の外商顧客への販売機会を拡大する。
 IKEAも地方都市をカバーすべくサンプルやカタログ、タブレット端末を置いたショールーム型小型店舗を展開し、注文して後日に受け取る「ピックアップポイント」方式で売上を伸ばすとしている。10月23日に開店する熊本店が第1号店で、福岡新宮店のサテライト店と位置付け、売場面積は従来店の10分の1以下だという。
 どちらもEC軸で店舗の品揃えを拡充し、店舗に在庫を抱える事無く売上を伸ばすというオムニチャネルなショールームストアと位置付けられる。在庫を積み上げる店舗を増やせば不動産費と販売人件費に加えて在庫の偏在が経営を圧迫するが、EC軸で在庫を抱えないショールームストアを展開すれば、不動産費と販売人件費をミニマムに抑えて売上を稼げる。商品は受注後にECの出荷センターからショールームストアやピックアップポイント、あるいは顧客に直送するから、在庫の偏在もロスも発生しない。
 売上対比の運営経費率も在庫効率も在庫を抱える従来店舗より飛躍的に改善されECに近付くから、ショールームストアの御利益を実感すれば加速度的に広がって行くと思われる。ショールームストアはもちろん、部分的にショールーム陳列を取り入れてEC軸で店舗に補給する省在庫型ストアも改善効果が大きい。11月11日に開催する『VMDストアプランゼミ』では出前と元番地、店内ストック、DCの在庫の持ち方、ショールーム陳列の手法と売場のレイアウトなど、ビジュアルに解説したい。
 2015/10/30 09:25  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ