« 前へ | Main | 次へ »
エクスクルーシブ・バイイング
 日本のギョーカイではあまり聞かないバイイング手法だが、ブランド商材を大量買い取りする欧米の大手デパート/スペシャルティチェーンでは様々に競われる差別化と価格決定権確保の策だ。
 どんな大手チェーンでも人気ブランドのすべての商品を買い占める訳にはいかないから、自社のMDシナリオに合った特定企画や特定品番を販売地域を定めて独占(エクスクルーシブ)契約する事になる。米国の場合、全米エクスクルーシブがベストで、コールズなど大衆NBの定番品を買い占めてキックオフでオフ・プライス販売する手法で成長して来た。ノードストロムやサックスフィフスも人気ラグジュアリーブランドの品番や色を絞って全米エクスクルーシブを仕掛ける。全米をカバー出来ないローカルチェーンの場合は東部13州とか中西部12州とかでエクスクルーシブを図るのだろうが、具体的なケースを知る機会が無い。
 消化仕入れの日本の百貨店ではブランド商品の扱いが店舗単位で(取引条件も店舗で異なる)、セントラルバイイングで独自の価格政策を実現する意志も力量もないからエクスクルーシブ・バイイングが発達しなかったが、その分、ブランドメーカーに対する「別注企画」が横行して来た。‘横行’と言ったのは買い付けロットと納入コストの経済的合理性を欠く‘優越的地位を利用した強用’という性格が強いからで、数十枚〜百枚単位で別注品の開発・生産を要求するケースも在ると聞く。
 米国のエクスクルーシブ・バイイングはロットとコストの経済的合理性で独占領域を確保するもので、ロビンソン&パットマン法など独占禁止法の優越的調達規制をクリアする合理性透明性が問われる。日本の百貨店バイヤーにそんなコンプライアンス研修が行われたという話は余り聞いた事が無いが、そんな姿勢ではバイイング技術も進化しないのではないか。
 2015/09/30 09:23  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ