« 前へ | Main | 次へ »
未来の洋服屋
 27日のアパログで某伯爵様が『服屋が自動販売機化してゆく』と題して人手不足下のファッション販売を揶揄しておられたが、『今日のアパレルチェーンの多くは物流ロボットと化した店舗労働者が自動販売する物流倉庫と化している』と批判して来た私としては、服屋は自動販売機化するのではなくショールーム化すべきだと思っている。
 少子高齢化に販売職の人気低下も加わって人手不足が深刻化していると喧伝されているが、その認識は必ずしも正しくない。00年以降の定期借家契約による過剰な出店と大店立地法以降の営業時間延長による二交代勤務に加え、店舗労働者に煩雑な物流労働(品出しや商品整理など)を強いる古典的なチェーンストア運営が人員需要を水増ししているだけで、これらの‘不要な仮需’を除けば「販売職」は質量ともに健全化出来るはずだ。それには「販売職」を不要な物流労働から解放するのが先決で、販売と物流を分離するオムニチャネルなショールーム販売が望まれる。
 ショールームストアではラグジュアリーブランドのようにサンプルだけを美しく陳列し、カウンター越しの接客でサイズをピックアップしてVIPなフィッティングルームで試着する。お買い上げ品は持ち帰りも宅配もクリック&コレクト(C&C)も自由に選べる。売場に在庫を積まないから品出しや畳み直しなど店内物流業務も在庫も圧縮され、その分、家賃を削減出来るし、接客スペースをゆったり確保して買上げ率や客単価を高められる。何より、物流業務から解放された「販売員」が接客に集中出来る効果が大きい。物流業務が圧縮された分、採用も接客能力に長けた人材に絞り込めるから、販売員の待遇も店舗販売の質も高まると期待される。
 販売を物流から解放すれば、洋服屋の未来は自動販売機化ではなく逆にハイタッチな接客サロン化へ向かう。それを極めるのがショールームストアを超えたデジタルショールームストアではないか。ショールームストアではサンプル陳列から接客・試着・発注というプロセスとなるが、デジタルショールームストアではサンプル陳列さえ無く、タブレットが並んだカウンターで商品を選んでから試着サンプルを出してもらって接客されるというプロセスとなり、お買い上げ商品の受け取りは宅配かC&C(購入店も含む)に限定される。お直しを伴う商品やEO/POなら無理の無い販売システムではないか。商品の価格帯にも拠るが、店舗のイメージもブライダルサロンか旅行サロンといったビジュアルに近付くに違いない。
 2015/07/31 10:54  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ