« 前へ | Main | 次へ »
この業界に科学は不要?

 米国ギャップ社の今上半期決算(2〜7月)では既存店売上が前年比90.0%、全社売上が同95.1%と低迷したにも拘わらず、一株当たり利益は65%も伸び、本決算も10%の増益を見込むと発表しています。売上不振を在庫コントロールとコストマネジメントで増益に転ずる同社のリテイル・テクノロジーは突出したもので、恐慌下で売上不振に苦しむ我が国のファッションビジネスは真剣に研究すべきと思われます。
 70年代からギャップ社の動向を注視し90年代にはそのロジスティクスVMDとインベントリーコントロールを徹底して研究した当社には今回の増益マジックは大体読めており、そのテクノロジーをそっくりパッケージして教えてあげようと『ロジスティクスVMDゼミ』を仕掛けたのですが、これがまるっきりの大空振り!!我が国のファッション業界人には高度すぎて何の事かも解らず、ゼミには定員の半分しか集まりませんでした。トホホ・・・・
 一月以上かけて進めていた郊外某大型SCのリモデル案がようやく完成し、賃貸面積の2割に及ぶテナント入れ替えと新たなレイアウトをまとめ上げました。来店客層や販売成績、ライバルSCの販売動向などを体系的に検証して基本戦略を立案。来店客層とのギャップやライバルSCとの競合関係を業種×客層のマトリックス上で細かく検証して過剰不足のテナントを割り出し、全国5300余店の最新販売動向から新規導入テナントをリストアップ。購買関連を重視してレイアウトに落とし込みました。
 新たに開設されるSCをくまなく見ていますが、商圏の客層や競合関係を検証して客層×業種のマトリックスを精密に積み上げた構成は皆無で、経験則や思い付き、目新しさに流されてバランスを欠き、売上のバラつきが避けられないSCが大半です。SCの構成やテナント配置は科学的プロセスをきちんと踏んで行なうべきですが、不振SCの多くは当社のようなきちんとした科学的プロセスを踏んでいないのでしょう。
 ロジスティクスVMDにせよMD展開技術にせよSCの構成企画にせよ、クリエイションばかりが叫ばれるこの業界に科学は不要なのでしょうか。
 2008/10/31 13:35  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ