« 前へ | Main | 次へ »
成長を阻む四つの壁
 このギョーカイでは凝りもせず、煽られたり勢いにまかせて赤い海に突進するチキンレースが繰り返されているが、ごり押しすればするほど経営効率が悪化し、果ては予期せぬ不祥事まで起こって急激に業績が悪化するケースも見られる。経営陣の思い込みとは裏腹に、業績を左右しているのは需給バランスとバリュー感、在庫マネジメントと企業統治だ。
 売れ筋も供給過剰となれば残品の山に化ける。成功例に煽られて皆が同じマーケットや商品に殺到すれば青い海も一瞬にして赤い海に変じてしまう。今や農家や漁師は毎日、市場(いちば)に供給される品目別の数量と競り値をネットで確認して翌朝の採り入れ品目や漁労品目を決めるのが常識となっているが、何週もかけて投入するアパレルのQRでは供給過剰が避けられない。計画MDあっての補正投入に留めるのが賢明だろう。赤い海で徒労を繰り返し消耗していては成長など遠のいてしまう。短期長期の需給バランスを見た‘振れない’マーケティングとMD政策こそ王道だと思う。
 現在のように調達コストがインフレする局面では調達コストと売価のバランスはギリギリのせめぎ合いにならざるを得ず、わずかの売価の差や原価率の差で顧客がサーッと引いてしまう。日頃からギリギリまで原価率を切り下げていた企業など、わずかなコスト転嫁でも顧客が離反してしまい、単価が数%上がって客数が十数%も減るケースが多々見られる。ここは目先の利益に囚われる事無く、原価率を3%上げる事をお勧めする。‘3%’は売価では一割以上の差になるから、消化歩留まりが格段に上がって粗利益率は逆に上昇する結果をもたらす。商売の基本は何時の時代も「盥の水」なんですよ!
 もうひとつの商売の基本が在庫マネジメンと商品財務である事に異論は在るまいが、その手法は結構、時代環境や商品政策に煽られて蛇行している。ファストファッション商法など週サイクルの多頻度投入と裏腹に年間4回転にも満たないし、普通借家時代に多店化したチェーンと今世紀の定期借家時代に多店化したチェーンでは在庫マネジメントと商品財務の常識がまったく異なるのには驚かされる。オムニチャネル化が進んだ企業と立ち後れた企業でも同様な認識の差があるに違いない。自社で‘ジョーシキ’だと思い込んでいる手法がホントに最適か、視野を拡げて確かめるべきだろう。
 戦略以上に中長期の業績を左右しているのが企業統治だ。企業内所得格差の大きい「蟹工船」的階級搾取統治では現場の意欲が低下して業務の精度や顧客対応が荒み、やがては情報の流出や不祥事など企業内テロやバイトテロが発生して企業に致命的なダメージを与えかねない。社員や取引先などステークホルダーの将来を担保すべく年々、生産性を向上させ分配とチャンスを公平にし、‘カイゼン’提案を取り入れて現場の意欲を盛り上げてこそ、企業の成長と収益も担保されるのだ。業界は異なるが『クロネコヤマト 人の育て方』(中経出版)など是非とも一読すべき良書だと思う。
 古いチェーンストア経営では未だ「蟹工船」的統治が横行して現場を荒ませ企業の成長と収益を妨げている。オムニチャネル化とコストインフレが進む中、チェーンストアはマネジメントと企業統治を抜本から‘革命’しなければならない。そんな想いで4月9日に開催するのが『オムニチャネル&インフレ時代のチェーンストア経営革新ゼミ』なのだ。
 2015/03/25 11:17  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ