« 前へ | Main | 次へ »
玉音放送に涙する

 30日木曜に開催するSPAC月例会のメンバーアンケートを分析してガックリしました。来期のMD展開政策が悉く時流と乖離しており、メンバーの時代感覚はピンボケているとしか思えなかったからです。未曾有の大恐慌下で生活防衛を強いられ格下げ消費とベーシック回帰が急進する中、『単価アップとトレンドMDを志向し、開発・調達の射程距離を短縮し、バリュー革新への高原価政策に背を向ける』というメンバーの大勢には絶望しました。毎月のように情況を報告して政策を提言しているメンバー企業でさえこの有り体ですから、一般のファッション業界が何を考えているかは想像に難くありません。
 阿鼻叫喚の中、世界は破滅の坂を転げ落ちていますが、ファッション業界/小売業界は茹でガエル状態で破滅の時を待っているとしか思えません。この業界はいったい何処へ流されて行くのでしょうか。わずかな英知を期待して頑張って来ましたが、あまりのギャップに性も魂も尽き果てました。もはや玉音放送に涙するしかないのでしょうか。
 2008/10/27 09:38  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ