« 前へ | Main | 次へ »
怪しい会社と危ない会社
 前々から‘怪しい会社’と思っていたスカイマークが大型機購入契約のキャンセルで‘危ない会社’に転落し、ついに‘行き詰まった会社’になった。日本航空など‘勘違いしている会社’から‘危ない会社’になって‘行き詰まった会社’に転落し、国家の支援で‘したたかな会社’に再生したと言えよう。
 ファッション業界にも様々な会社があるが、長年この業界を見て来た私は‘真面目な会社’‘したたかな会社’‘勘違いしている会社’‘怪しい会社’‘危ない会社’‘化石化した会社’などと直感的に分類している。どこがどれとは公表しかねるが、日頃の論調から推察して頂きたい。
 問題は経営陣の世代交代などで会社の方針や体質が変化し、‘真面目な会社’‘したたかな会社’から‘勘違いしている会社’や‘怪しい会社’に変質してしまうケースだ。どことは申し上げかねるが、‘真面目な会社’‘したたかな会社’と思っていたのが、‘怪しい会社’‘危ない会社’の派手なアクションに煽られて‘怪しい会社’に変質し始めているのは残念であり悲しくもある。
 創業世代が長年かけて築き上げて来た顧客の信頼感(ブランド価値)を若い経営陣が目先の成長に目が眩んで食い潰して行く姿を‘勘違いしている会社’‘怪しい会社’と評している、と受け取ってもらって構わない。もちろん、‘怪しい会社’には顧客や取引先、従業員に対する常習的違法行為が疑われるケースも含み、それは同時に司直の摘発による業績悪化リスクを抱えた‘危ない会社’でもある。
 会社活動の善悪を仕分けるのは最終的には‘法の裁き’や‘顧客の裁き’だが、それ以前に日々の行動を律する‘志’というものがあるはずだ。古くは‘商人道’、今風には‘CREDO’とでも言うべきものだろうが、顧客や取引先はそれを無言で受け止め行動で応える。
 業界がグローバルな嵐に翻弄され経営者が‘志’や‘商人道’を忘れて行く中、‘勘違いしている会社’‘怪しい会社’‘危ない会社’が増えて行く世相を憂う。歴史を見て来た老人の‘憂国’ならぬ‘憂業界’の想いは伝わるのだろうか。
 2015/01/29 09:25  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ