« 前へ | Main | 次へ »
MDの組み方にもトレンドがある
 ファッションにトレンドがあるようにMDの組み方にもトレンドが在る。デザイン鮮度を追うトレンドではデザイン先行で流通素材軸の短サイクル開発に流れ、OEM/ODMなどアウトソーシングの比率が高まる。逆にベーシック品の完成度を追うトレンドでは素材先行で素材軸の長サイクル計画開発が志向され、インソーシングの比率が高まる。
 リーマンショック(同時にファストファッション上陸)の08年秋冬以降10年秋冬まではデザイン鮮度を追ってのグローバルモードなファスト局面で、3.11の11年春夏からローカル回帰とベーシック回帰に転じたもののファストなグローバルモードも並行し、14年春夏からノームコアな新世代ベーシックのサイクルに入った。15年春夏はファストなグローバルモードが退潮し、ローカル回帰/ストリート回帰/ベーシック回帰が一段と鮮明になるから、MDもスローで長サイクルの素材軸インソーシングが志向される。15年秋冬では景気や世相の暗転を背景にノームコアなベーシックにミリタリーやバイカーが加わる一方、グローバルモードも北欧的なインダストリアル・ベーシックやスノーファンタジーへ流れるから、MDもスローで長サイクルの素材軸インソーシングが加速すると思われる。
 当社の『15年秋冬MDディレクション』ではスタイリングテーマの展開ストーリーを提案し、スタイリングテーマ毎に素材/カラー/アイテム/ディティールをビジュアルに構成してMDの組み方まで解説している。15年秋冬のMD計画もそろそろ大詰めを迎える時節ゆえ、是非とも参考にして頂きたい。
 2015/01/21 10:31  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ