« 前へ | Main | 次へ »
グランツリー武蔵小杉の注目店
 先週木曜日に開催されたグランツリー武蔵小杉のプレス内覧会は前後のスケジュールがタイトだったので駆け足で一周したが、一時間半ほどの間に135枚も撮影していたから余程、絵になる店が多かったという事なのだろう。これまでのアリオには失望させられる事が多くグランツリー武蔵小杉にも多くは期待出来ないという見方が大勢だったが、セブン&アイ・ホールディングスの総力を結集した‘旗艦店’とは言え、これほど魅力的なテナントを揃えられるとは良い意味の‘想定外’だった。セブン&アイ・ホールディングスの意気込みに加え、タワーマンションが次々と開発され人口が急増する首都圏一の注目新ターミナル‘武蔵小杉’の魅力が有力テナントを惹き付けたと思われる。
 そんなグランツリー武蔵小杉で目立つのが「ZARA」「GAP」「バナナリパブリック」「チャールス&キース」などの外資SPA、「トゥモローランド」「ビームス」、アーバンリサーチの「サニーレーベル」「ロッソ」、パルの「ラウンジドレス」やサザビーリーグの「アルアバイル」などのセレクトショップだが、私は「シャンブルドゥシャーム イキ」と「ラディカ ドゥスハルモニ」というたまたま隣り合った二店(1F)に注目したい。
 「シャンブルドゥシャーム イキ」はアンビデックスの自社ブランド複合店だが、手を抜かずきちんと開発した商品に好感が持てるのに加えてルック陳列のセンスも秀逸だ。「ラディカ ドゥスハルモニ」は高松のN.D.Cジャパンが展開するセレクトSPAだが、外資かと見紛う洗練されたMDの組み方とVMDはローカルチェーンに終わらない素質を感じさせる。大手の力任せの粗っぽいものづくりや雑なVMDが横行する中、どちらも砂の中でガラス玉を見つけたような爽やかさがあった。


 2014/11/28 09:25  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ