« 前へ | Main | 次へ »
ヒルズの呪い
 投資関係者向けの講演に六本木ヒルズに出掛けましたが、何度行ってもその迷宮ぶりには困惑させられます。リーマンの破綻もあって空床率が急上昇しているとかで、心無しか商業フロアの人出も疎らでした。度重なる入居企業の不祥事や破綻で「ヒルズの呪い」が囁かれていますが、私は2003年4月25日の開業を報じた「ファッション販売」7月号のカラーレポートに『森タワーはゴッサムシティを彷佛させる21世紀のバビロンの塔』と評してそのバブリーな悪徳の栄華と破綻を予見しています(当時の論文はこちら)。度重なる悲劇は呪いではなく、六本木ヒルズに与えられたバブリーな性格が必然にもたらしたものと言うべきでしょう。
 呪いとは関係ありませんが、六本木ヒルズも表参道ヒルズも商業施設としての営業成績は低迷しており、テナントの退店が目立ちます(SPACメンバーの退店数も六本木ヒルズは国内SC中最多)。六本木は迷宮的レイアウトとショールーム的店舗の多さが、表参道は立地の客層と乖離した構成とやはりショールーム的店舗の多さが災いしているのでしょう。どちらも一等立地にもかかわらず、バブリーな家賃がもたらす浮ついた構成が顧客を遠ざけており、このままではスラム化が避けられません。森ビルはいったい、どうするつもりなのでしょうか。
 『凍結する消費と事業再編』と題したその日の講演内容は、世界恐慌と収縮する消費、チープ&シックに流れる衣料消費、破滅に向う大手流通業、暗転したモールビジネス、など暗澹たるもので、不況どころか平和の終焉に至る最悪のシナリオにまで言及。国民服コンセプトと戦時統制経済型マーケティングを提唱して締めくくりました。やや飛躍した論展にもかかわらず投資プロの方々は意外に納得したようで、講演後の質問にも積極的でした。とは言え私は自分の論展にすっかり鬱ってしまい、暗い面持ちでバビロンの塔を後にしたのです。人類は再び「何時か来た道」を辿るのでしょうか。
 2008/09/29 10:39  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ