« 前へ | Main | 次へ »
VMDになってませんよ!
 エドウィンが9月12日にグランフロント大阪南館4Fに開店した婦人ニットパンツ専門店?「LADIVA by EDWIN」にはちょっと失望させられた。
 婦人ニットパンツ専門店と称しながら、たった13坪に「サムシング」のトップスやトートバッグなどの雑貨、化粧品までてんこ盛りでフォーカスが暈けているのに加え、Facet Studio(一級建築士 柏木由人代表)がデザインしたシドニーの「Streetology」からパクったと思われるディスペンサー型壁面什器が商品配置とまったく整合しておらず、店内の陳列手法がバラバラで販売プロセスが混乱しており、VMDになっていなかった。
 VMDとはブランドコンセプトを体現すると同時にマーチャンダイジング展開を販売プロセスに表現して店舗運営と在庫回転の効率化を図るもので、思いつきのアイデアを継ぎ接ぎにてんこ盛りしても見苦しいだけで成果は期待出来ない。パンツ専門店は「ビースリー」に見られるように省在庫/接客集中のショールーム型VMDを実践し易く、パンツや靴の業態開発にはショールーム型VMDの新機軸が期待されるが、ここにはそんな工夫のかけらも見られなかった。
 大手企業がスポンサーになってブランドの再生を仕掛けるにしてはお粗末な店で、我が国アパレル業界のVMD退化を憂いて敢えて批判させて頂いた。

 2014/09/22 13:42  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ