« 前へ | Main | 次へ »
東京ローカル
 9月の4日から8日までの5日間、世界のコレクションシーズンに先行して「東京コレクションウィーク」が開催されるが、果たして東京だけのために世界からプレスやバイヤーが来るものだろうか。彼等のスケジュールや予算配分を鑑みれば非現実的な願望なのかも知れないが、今回は政府の肝煎りでの‘心意気’を示す意味があるのだろう。
 欧米のプレスやバイヤーにとってみれば東京はファーイーストのローカル都市であり、ロンドン・ミラノ・パリといった地理的にもスケジュール的にも連続したコレクション・シーズンは存在しない。「TOKYOのためだけに」というのが実情であろう。遠い将来、東京・ソウル・北京が連係したファッション都市としてコレクション日程を連続させる日が来れば、情況も変わるのではないか。
 コレクションウィークはさておき、欧米のファッション関係者にとってTOKYOはファンタスティックで興味をそそる都市のようだ。“ラフォーレ原宿”や“109”は玩具箱をひっくりがえしたような猥雑な興奮に満ち溢れているし、裏原宿や中目黒は場末の妖し気な妖気に鳥肌が立ちそうだ。何が面白いといって、元ネタは欧米と大差ないファッションが大仰に誇張され、コテコテとレイヤードされた様はキッチュとしか言い様がない。まさしく‘歌舞伎者’といった体たらくなのだが、英語やフランス語に該当する言葉はあるのだろうか。東京に居てはそのコテコテ感は自覚しにくいが、「東京から大阪を見た感じ」といったら不適切に過ぎるだろうか。
 2006/08/28 20:22  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ