« 前へ | Main | 次へ »
秋立ち上げはブリット&アメカジ
 分散したまま勢いを欠いた夏バーゲンだが、一部では秋物も立ち上がり始めている。その報告レポートのスタイリングを総覧すると去年とは雰囲気が違う事が解る。
 今年の秋立ち上げで目立つのはトムボーイやグラニーガールからクラシックまでブリットモードのオンパレードで、カジュアルではミリタリーやオールドスクールをミックスしたアメカジモードがセレクトショップからSCのカジュアル業態にまで広がっている。昨年の同じ時期のレポートを振り返って見ると、ブリットモダンも出ていたがバロックやヴィクトリアン、グラニーフェミニンが主流で、カジュアルではオカルトモチーフやグラフィックを効かせたパンク&ロックモードが多数派だったから、相当の変化と言えよう。
 8月末になって秋物が出揃ってみないと早計には言えないが、モードからライフスタイルへ、トレンドからベーシックへ、作る側のクリエイションから着る側のユーティリティへ、という来春夏への変化が今秋の立ち上げにも色濃く現れているように感じられる。それだけマーケットがファッションに醒めて来ているのではないか。ましてや消費増税に便乗してプライスアップを図ったブランドが受け入れられるはずもなく、業界紙などは消費増税による売上減少は一巡したとか楽観論を振り播いているが、本当の影響は単価が上がる秋冬物で露呈するに違いない。
 作る側から着る側にファッションの主導権が移る分、付加価値の分担も移るはずで、この秋冬物は利幅を抑制してバリューを高めないと顧客に総スカンを食らいかねない。秋になれば業界の楽観論など吹き飛んでしまうのかも知れませんね!
 2014/07/31 09:12  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ