« 前へ | Main | 次へ »
アウトレットモール人気ランキング
 今日は午後から『最新アウトレット活用総研究』をテーマにSPAC月例研究会を開催するが、アウトレット市場の変質に対応する新たなビジネスモデルの提唱に加え、11年秋以来、二年半ぶりにメンバー投票によるアウトレットモール人気ランキングを発表する。そのさわりをご紹介しておこう。
 ベスト5は 1)御殿場プレミアムアウトレット(年商652億円)
       2)三井アウトレットパークジャズドリーム長島(年商458億円)
       3)軽井沢プリンスショッピングプラザ(年商358億円)
       4)三井アウトレットパーク入間(年商345億円)
       5)佐野プレミアムアウトレット(年商373億円)
 ベスト3は前回と変らなかったが、4位の三井アウトレットパーク入間は前回の7位から、5位の佐野プレミアムアウトレットは同8位からランクアップ。6位には新たに開業した三井アウトレットパーク木更津(322億円)、7位にも同じく酒々井プレミアムアウトレット(231億円)が食い込んだ。売上だけ見れば8位の神戸三田プレミアムアウトレットは433億円、9位の三井アウトレットパーク滋賀竜王も354億円を売り上げているが、販売効率などもメンバーの評価を左右しているのだろう。
 軽井沢プリンスショッピングプラザを除く上位16施設まで三菱地所・サイモン系と三井不動産系が独占し、今世紀に入っての米国同様、増床を繰り返して大型化する有力施設に売上が集中し下位施設が脱落する傾向が加速している。
 ワースト5はあからさまに公表しかねるが、共倒れ状態の仙台の二つの施設と9位から28位に転落した埼玉の巨大モール併設アウトレットなど、なるほどと思わせる施設が並んでいる。詳しくは会場でお話ししたい。
 2014/06/26 09:22  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ