« 前へ | Main | 次へ »
チャラチャラしないで

 水曜夜にはニューヨーク・セレブ感覚のヴィンテージリッチな新ブランドが青山でフラッグシップストアのレセプションを開き、銀座でも某セレクトストアが新店をお披露目し、どちらも編集者やスタイリストなど華やかに着飾ったお姉さん達が群がっていたとか。新ブランドの方はそれなりにヴィンテージ・ディティールに凝った艶やかなコスチュームが揃っていましたが「セックス・アンド・ザ・シテイ」的チャラチャラ感は否めず、その割りには高めに付けられた値札にも腰が引けました。通勤用のセットアップやパンツ、シャツ、ツインニットなどキャリアのライフスタイルに根付いたコアな質実アイテムが抜けており、どうやって売上を取るのだろうと不安になりました。パーティばかりで日々、暮らすわけではないでしょ!!
 生活防衛下でセレブやラグジュアリーは死語になったはずなのに、今さら「セックス・アンド・ザ・シテイ」だセレブな新ブランドだと盛り上がるファッション業界人の能天気ぶりには驚くしかありません。華やかに着飾ったお姉さん達も見た所30代〜40代の艶な年増でチャラチャラした服が似合うとも思えず、世相と遊離した別世界の様に唖然とするばかり。無責任な編集者に乗せられて在りもしないマーケットに踊った「アラサー」の痛手に懲りもせず二の舞いを演じる業界の軽薄さは救いようがありません。私の感覚がしみったれているのか彼女達や業界の一画が浮ついているのか、遠からず時代が答えを出すのでは。
 2008/08/28 10:52  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ