« 前へ | Main | 次へ »
「蟹工船」か偽りの楽園か
 ちょっと前にファーストリテイリングの柳井さんがパート&バイトの大量正社員化に絡んで『チェーンストアと決別する』と発言していたが、やっと解ってくれたかという感じがした一方、『販売員でも300〜400万円の年収を提供して長期間、勤めてもらいたい』という発言には唖然とさせられた。正社員になってもそんな収入では家も買えないし子供も育てられないから長く勤める事は不可能で、使い捨て感覚から飼い殺し感覚にちょびっと進化しただけなんだとがっかりしたり、世界共通の給与水準ってそんなものなのかと納得したり、所詮、チェーンストアって人余り発展途上時代の低給与‘店頭物流労働者’大量雇用業種なんだと冷めてしまった。
 同社に限らず、国内のカジュアルチェーンからグローバル展開の巨大SPAまで共通しているのが極端な企業内貧富差体質だ。本部の一握りのエリートが○千万円〜○億円もの年収を得ている一方(アバクロのマイケル・ジェフリーズCEOなんて30億円ですよ!)、店舗の販売員は300万円前後、パートやバイトとなればその半分以下で、朝から晩まで物流労働(販売業務はほんの数%なのが実態!)に汗水を流している。それで利益を叩き出すビジネスモデルはほとんど「蟹工船」の世界で、H.G.ウェルズが「タイム・マシン」で描いた未来世界の‘偽りの楽園’(有閑階級のエロイとそれを食用する労働者階級のモーロック)さえ想起させる。
 収益力が急落している某大手カジュアルチェーンは幹部の高給と店舗の薄給という格差が知られているし、全員正社員を謳う某カジュアルチェーンは‘ブラック企業’との噂が絶えず、とうとうTVドラマにまでなってしまった。一見は華やかに見える外資SPAとて実態は同様で、途上国縫製工場の労働環境改善キャンペーンでお茶を濁しても、店舗労働者の貧困の上に収益が成り立つという「蟹工船」体質は何も変わらない。
 諸悪の根源は店舗労働者に不要な物流業務を強いる前世紀のチェーンストア・オペレーションであり、店舗業務から物流を分離して販売に集中させない限り、労働条件も給与も運営効率も大きくは改善出来ない。販売と物流の分離こそオムニチャネル流通革命の本質であり、店舗のショールーム化が突破口となる事はもはや疑う余地もない。
 柳井さん、ブラック・プレジデントくん、すべてのチェーンストア経営者達よ、前世紀のチェーンストア理論の呪縛を脱して店を‘販売の楽園’に変えようではないか!
 2014/04/30 10:06  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ