« 前へ | Main | 次へ »
ライフスタイル業態の演出と陳列
 先週木曜はSPACの終わった後、6時過ぎにcocotiの「BAYFLOW」フラッグシップを覗かせてもらった。今春はライフスタイル業態の開発ラッシュといった感が在るが、幾つか見て回った実感をまとめると演出と陳列のキーポイントは以下の三点だと思う。
1)和める空気感を演出する
 ライフスタイル業態の成否は顧客に共感してもらえるか否かにかかるが、商品はともかくとして空間の演出にも注意を払いたい。そのポイントは「和める空気感」であり、3000kベースの暖かみのある点照明構成にして緊張感を高めてしまうHID照明を抑制し、内装素材/色の反射にも注意したい。
2)生活雑貨/服飾雑貨と衣料品を一体に演出する
 生活雑貨を充実するのは良いのだが、部門として衣料品から分離してしまうとライフスタイル業態としての空間が崩れてしまう。在庫を揃える壁面の元番地はともかく、島の演出テーブルでは生活雑貨と服飾雑貨/衣料品を一体に演出する事が欠かせない。何もかも混ぜるのではなく、シーンをイメージするアイテムとカラーに絞って陳列したい(マリンは寒色系、カントリーは暖色系など)。
3)SPAっぽさを払拭する
 カジュアルチェーンが開発する業態ではパワー単品のカラー/サイズ展開をテーブルに積み上げる癖が出てしまうが、これを見せるとお客にお里が知れてしまう。ライフスタイル業態への期待が醒めて単品単位で比較購買されてしまえば元の木阿弥で、赤い海に埋没してしまう。そんなSPAっぽいMDは元番地に留め、テーブル陳列は生活雑貨/服飾雑貨/衣料品一体のシーン演出に徹したい。

 2014/03/31 09:16  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ