« 前へ | Main | 次へ »
第一回Eモール評価ランキング
 明日開催するSPAC月例会は「最新オムニチャネル戦略総研究」をテーマに、メンバー企業の最新状況を総括するともに今後の戦略展開を提示すべく、アッと驚くデータと論展を仕込んでいる。メンバーの期待も大きいようで出席申し込みは既に満員御礼の状況だが、今回はもうひとつ目玉がある。それは恒例となった「SCデベロッパー評価ランキング」のEモール版たる「Eモール評価ランキング」の初発表だ。
 評価項目は「売上スケール」「売上伸び率」「売上対比経費率」「フルフィルメントサービス」「ファッション感度」「マーケティング情報の提供」「オムニチャネル対応」の7項目だが、総合評価第一位はやはり段突でゾゾタウン、第二位は△△△△。最下位は何とコスト評価第一位の○○○○、ワースト2はデベ系ECの××××だった。総じてファッションECモールの評価が高く、総合ECモールとデベ系ECモールは評価が分かれた。
 その他、O2O各手法の効果評価、モールサイトと自社サイトの伸び率や経費率、返品率など、Eコマース実務者やオムニチャネル戦略担当者には垂涎のデータが満載だ。詳しくは当日の会場でレポートと解説、パネルディスカッションに乞うご期待でしょう。
 2014/03/26 14:29  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ