« 前へ | Main | 次へ »
大艦巨砲時代の終焉
 今朝の日経はウォルマートが都市型小商圏の小型店「ネイバーフッド・マーケット」「ウォルマート・エクスプレス」を増強すると報じていたが、その背景として米国人の購買慣習が大量まとめ買いから小口当用買いへと変化している事を挙げていた。それを象徴するのが都市部の低所得層を対象に食料品まで手を広げた「ダラー・ジェネラル」や「ファミリー・ダラー」などの所謂ダラーショップ(1ドル均一ではないが10ドル以下)の急成長で、ネット通販の拡大も影響しているとまとめていた。
 目を日本に転ずれば、市場開放が謳われた90年代からコンパクトシティを志向した改正都市計画法施行の07年(08年末まで駆け込み開業が続いたが)までは大艦巨砲の大商圏大型SCが時代の主役だったが、リーマンショック後の景気後退期を経て13年頃からオムニチャネル消費が本格化するに連れ、ラストワンマイルの利便を競う近隣小型店が時代の主役に躍り出て来た。まずはコンビニが注目されているが、ミニスーパーやドラッグストアまで含めて津々浦々までの面布陣が競われる事になるのだろう。
 そんな中、三越伊勢丹が小型のサテライトストアや空港店舗、コスメ専門店などを急速に布陣している事が注目される。巨大一番店に売上が集中する大艦巨砲も最たる百貨店が小型店や専門店、トラフィックストアを拡げる背景は、採算性の読める大艦巨砲店舗の新設が困難な事に加え(JR大阪三越伊勢丹に象徴されよう)、百貨店特有の商材であるライセンス雑貨(洋品や身の回り品)需要のコンビニエンス化が在ると思われる。ライセンサー側は販路を厳しく統制しているもののコンビニなど小商圏店やトラフィック店でのニーズは大きく、百貨店資本によるサテライトストアやトラフィックストア、専門店の商機が高まっていたからだ。結果としてオムニチャネル消費の利便も高められるという一石二鳥の効果も期待出来る。
 それぞれの事情はあるものの、オムニチャネル消費の拡大は『大きいことは良い事だ』という前世紀の流通概念を一変させ、大艦巨砲時代の終焉を告げる事になるのだろう。
 2014/02/28 10:14  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ