« 前へ | Main | 次へ »
ユニクロ次のヒット商品は?
 アジアでは伸びているものの国内では伸び悩む「ユニクロ」だが、色々と要因はあっても結局は「ヒートテック」や「ウルトラライトダウン」に続くヒット商品を開発出来ない事が最大の要因と思われる。そんな「ユニクロ」の次のヒット商品として期待されるのが、三菱商事ファッションの開発した撥水性機能繊維と東レ・デュポンのケブラー繊維ではないか。
 撥水性機能商品はアウターに限らずボトムやニット/ジャージまで広範な開発が可能で様々なシーズン、とりわけ春から秋にかけて重宝されるから期待されるのは当然だが(「ユニクロ」の売上は冬期への偏りが著しい)、東レ・デュポンのケブラー繊維も意外な機能商品が開発出来る。ちょっとびっくりするかも知れないが、それは防刃防弾性日常衣料だ。
 普通のOLやサラリーマンが路上や駅中で通り魔に遭う事も珍しくない今日、手軽な防刃防弾性衣料が重宝されるという恐ろしい話だが、防弾はともかくカッターや小型ナイフ程度は防げる防刃性衣料が「ユニクロ」価格で供給されれば、通勤通学あるいはバイカーやサイクリストの必需品となるのは必定だ。加えて、中韓との関係がキナ臭くなる中、軍用衣料や防空衣料としての需要も・・・・・・
 こんな際物マーケティングが冗談で終わらない御時世は空恐ろしいが、ウェアラブルIT端末が現実の課題となる中、今や合繊産業の屋台骨を支える産業用繊維技術のアパレル転用が次のヒット商品開発の突破口になるのは間違いない。
 2014/01/31 09:06  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ