« 前へ | Main | 次へ »
秋トレンドときちんと系アイテム復活

 毎月末に近付くとMDコーディネーターが各タイプ別の最新注目/主流ルックを70体以上の繊細なカラーイラストで報告して来ます(SPACレポートにMD展開の解説付きで掲載されます)。この7月末も秋立ち上げの様々なルックが報告されましたが、ボヘミアン〜フォークロアと流れるフェミニン系レイヤードにはさすがに飽きが来て、ボーイッシュ〜マスキュリンを軸にブリット/ロック/80'Sパンキッシュと様々にリミックスする流れの方がうんと新鮮に感じます。中でも目立つのが様々な丈のベスト/ジレとタータンチェックアイテムで、8月末の売れ筋になるのは確実。ボトムではクロップドからサルエルまで様々な中途半端丈パンツとミニプリーツスカートが主力になりそう。一番割を食うのは2周回って飽きの来たワンピースでしょう。とは言ってもゴシック×ロマンティック×バンキッシュの‘ゴスロリ’は秋へ向けて一部で盛り上がるかもで、フリル/ティアード満載のブラウス/スカートに加えてワンピースも可愛い。
 そんなカジュアルトレンドの一方でOL〜キャリアの通勤服も再評価されており、フリルデザインのブラウスやカットトップス、テーラードジャケット、ハイウエストのタイトスカートなどが既に動きだしています。レイヤードトレンドに流されて月々の通勤ワードローブを崩してしまった春夏の反省から、ブランド側もお客様もきちんと系アイテムを再構築しようとしているのでしょう。景気が冷え込んで各客層がそれぞれに等身大な生活スタイルを模索する中、OL〜キャリアできちんと系アイテムが復活するのは当然の帰結だと思います。

 2008/07/31 11:37  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ