« 前へ | Main | 次へ »
第三の流通革命
 今年はアベノミクス景気で消費も回復したとは言え、大都市と地方都市、都心と郊外、百貨店と専門店、紳士服と婦人服、高価格帯と低価格帯、高年齢層と若年層など様々な格差が開き、好景気に沸く会社も在れば売上不振に苦しむ会社も在るという斑模様の一年となりました。来年は米国の金融緩和終了、消費税などの増税ラッシュに中韓との軋轢が加わって何が起こるか予想もつかず、消費も一段と明暗が交錯する年になるのでしょう。
 今年の流通業界は「オムニチャネル元年」とも言うべき様相を呈して「WEAR」や「tab」などのアプリが注目され、年末にはセブン&アイ・ホールディングスによるオムニチャネル戦略絡みのM&Aが連発されるなど状況が過熱して行きましたが、本番はむしろ来年になると思われます。
 オムニチャネル消費がO2Oの域を超えて『何時でも何処でも選んで買って受け取れる』便宜が本格的に競われ、クリックとモルタルの際が消えてラスト・ワンマイルの物流ネットワークが問われる中、テナント企業やEC企業、商業施設デベや百貨店のみならず、金融/物流サービス企業まで巻き込んだ事業再編の嵐が吹き荒れる事は必定で、小売業は古典的なチェーンストア物流/提供方法/店舗労働からの解放が急がれます。
 流通業界は前世紀のチェーンストア革命、SPA革命に続く「オムニチャネル革命」という第三の流通革命に突入したのであり、戦略対応次第で企業の優劣が一変する激動期を迎えたと覚悟すべきです。来年はショールーミングVS.ウェブルーミングといった戦術論を超えてオムニチャネルな事業再編やショールーム型ストア/デジタルストアの開発が一刻の猶予もない現実の課題となるに違いありません。
 当社も「オムニチャネル革命」を勝ち抜く戦略と実務技術体系の開発、とりわけショールーム型ストアの設計とデジタルストアの商業化に注力していますが、解る企業と解らない企業の温度差は極端で、‘KT境界’的大量絶滅による世代交代を予感させます。14年は外交・政治・経済から流通・消費まで、本当に何が起こるか予測もつかない激動の年となるでしょう。恐ろしさに身震いがするほどです。覚悟を決めて備えたいと思います。

 ※当社も本日が仕事納めで、明日から新春5日までお休みして鋭気を養います。新年は6日月曜日からブログも再開します。
 2013/12/27 13:33  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ