« 前へ | Main | 次へ »
ホリデイ企画とクルーズ企画
 コーディネーターから上がって来た11月末の店頭スタイリング動向報告イラストを見ていると、昨年までは限られていたホリデイ企画やほとんど見られなかったクルーズ企画が結構、並んでいる。売れ筋後追いの期中企画が蔓延して梅春企画が悲しいほど細っていた昨年までとは状況が一変した感がある。おそらくは弊害が大きかった売れ筋後追いの52週継ぎ接ぎMDが反省され、計画MDへの回帰が広がりつつあるのだと思う。
 ホリデイ企画とは欧米のクリスマス休暇向け企画で、カントリーやスノーリゾートなどのアウトドアカジュアルやパーティードレスが多い。90年代までは明確に在った日本の梅春企画と時期的には一致するが、梅春企画は『獣毛混など温かい起毛素材を使った春色の冬物、あるいはクリスマス用のパーティードレス』であって、パステル〜ライトカラーや白〜ライトグレーの獣毛混ニットや防寒アウターなどの街着が大半で、カントリーやスリーリゾートはごく部分的だ。復活した梅春企画もそんな性格は変らないようだが、今シーズンはコレクショントレンドの影響か、九月末から打ち出すブランドも見られた。
 11月末になって目立ち始めたのがクルーズ企画だが、真冬に熱帯リゾートを楽しむ欧米のリゾートウエアとは異なり、これも『春トレンド春素材の初春物を防寒アウターの下で楽しむ』という日本的クルーズだ。昨年まではほとんど見られなかったクルーズ企画が目立ち始めたという事は、消費回復とともに業界も元気を取り戻して先物企画に力を入れだしたと受け止めたい。売れ筋後追いばかりではつまらないから、良い兆候だと歓迎しましょう。

 2013/11/29 09:10  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ