« 前へ | Main | 次へ »
新生三峰新宿店は要チェック
 三峰が創業の地である新宿にフラッグシップをオープンするというので内覧に伺った。場所は駅東口からトップショップの角を入って明治通りに抜ける通りの中程で、二層36坪のコンパクトな路面店だ。
 1Fの入り口から受ける印象はカモフラ柄やレオパード柄が目立つせいか尖ったイタロファクトリー系カジュアル〜ビジカジで、実際、イタロファクトリーのセレクトが1Fの30%を占めるそうだ。1Fでも奥側はユーロトラッドなビジカジのオリジナルが中心だが、綿ジャケットの18900円(税別/以下同)からロロピアーナ生地ジャケットの45150円までというお手頃価格の割に品質感があり、イタロファクトリーブランドと比較する価値がある。オリジナルの60%はジャケットを中心に日本製で、カジュアルジャケットやシャツ、ニットは中国の日系工場製だと聞いた。2Fはユーロトラッドなブレザー/スラックス、ドレスシャツ/スーツで1Fに較べるとコンサバだが日本製が80%を占めて品質に安心感があり、スーツで39900円からゼニアやロロピアーナ生地の71400円までとお手頃だ。
 イタロファクトリーのカジュアル/ビジカジから安心感あるユーロトラッドのクロージングまでお手頃価格で揃う品揃えは大人のビジネスマンに享けそうで、もう一回りスケール感があれば(せめて百坪)イセタンメンズの4〜5Fと買い回る顧客も出て来るのではないか。バーニーズが一頃の勢いを失った現在、イセタンメンズと買い回れる大人の大型メンズストアが新宿に希求されている。


 2013/09/26 09:17  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ