« 前へ | Main | 次へ »
ソルドの裏技にびっくり!
 極東の島国では消費者そっちのけで産地擁護などを理由にバーゲンを遅らせる混乱が続いているが、行政が開始日などのルールを定めるフランスでは夏ソルドは6月最終水曜日から、冬ソルドは1月第二水曜日から始まり、最大5週間続けられる。夏冬の二回以外にも年一回二週間まで、または年二回各一週間までのプチソルドを行う事が出来るが、開始予定日の一ヶ月前までに管轄県庁へ届け出る必要がある。ソルドされる商品は店頭で一ヶ月以上(日本は二週間)正価販売されたものでなくてはならず、ソルド用に調達した特価品の投入は禁じられている。これらに違反すれば高額の罰金が課されるなど、消費者保護が徹底されているそうだ。フランス語の法律文を読んだ訳ではなく日本語の解説を聞きかじった程度なので正確さを欠くかもしれないが、間違ってはいないと思う。
 なんでソルドの話かと言うと、昨夜19時からのTBSドキュメンタリーバラエティ「世界の日本人妻は見た!」で紹介されたソルドの裏技に度肝を抜かれたからだ(フランス男のお洒落への拘りには頭が下がった。退化に慣れてはいけない!)。ソルドの前日、下見にプランタンに出かけた元売れっ子局アナのマダムが商品タグに張られた色シールを見てソルドの割引率をチェックするというシーンがそれで、さすがの私もまったく知らなかった。早速、調べてみたらギャラリーラファイエットも同じような色シールで割引率を表示していたが、実はこの色シールは下見に来るお客様へのサービスではなく、ソルドに先行する上顧客向けシークレットセールの暗号なのだそうだ。
 ソルド前には表立った割引販売は出来ないので、上顧客には暗号の読み方を記載した招待状を送り、ハウスカードを提示すると他のお客様には内緒で値引きしてくれるのだとか。ラグジュアリーブランドだけじゃなくデパートもシークレットセールをやってるんですね。
 バーゲンを遅らせる伊勢丹も上顧客には内緒の暗号を記した招待状を送ってシークレットセールをやっているのだろうか。Iカードで10%引きになる顧客(数十万人はいるのだろう)の私にもそんな招待状は来なかったから、余程の高額購入客にしか送ってないのか、そんなシークレットセールは存在しないのか。次のバーゲン直前には内緒の色シールを探してみる事にしよう。
 恐らくそんなシークレットセールはやっていないと思うが、混雑緩和のためにもプロパーで沢山買ってくれた顧客のためにも、是非ともやって頂きたいものだ。
 2013/07/31 10:28  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ