« 前へ | Main | 次へ »
韓流ファッションの‘どこでもドア’
 今朝の繊研新聞一面は『韓国ファッションの裾野が広がる』と打ち上げて韓国のOEM業者やアパレルがネットやショップで進出していると報じていたが、いまさらという感がないでもない。109市場では以前から韓流商品が溢れていたし、ネットでは昨年春から韓流ファッションサイトの「DHOLIC」がブームになり、今春は中国市場を席巻しているイーランドが「MISSO」を上陸させ、7月には「SPAO」も投入する。総じて低価格、ファスト、ウェットなセクシーカジュアルというイメージが強いが、それは韓国ファッションの一面に過ぎない。
 韓国ファッションはセクシーカジュアルやアメカジからフェミニンモードやスタイリッシュモード、ブリティッシュトラッドやエレガンスプレタまで日本同様なバラエティがあり、日本では消滅してしまった過去のビジネスモデルから最新のSPAやネットアパレルまで並存する業界構造が特筆される。ちなみに韓国アパレルの国内トップ企業はイーランドではなくサムスン財閥直系の第一毛織で、開発体制は三陽商会に近く「BEANPOLE」や「GALAXY」は「BURBERRY」的品質感がある。
 日本のテキスタイル業界が受注産業に変質し、墨田区近辺の小規模縫製工場が消えて久しいのに対し、韓国では企画素材を短サイクル小ロットで流通させるテキスタイル業者や都心ビル内の小規模縫製業者が多数残っており、そんな意匠性の流通素材を東大門市場などで購入して一晩二晩で製品化してもらい夜行バスや自家用車で持ち帰って売るセレクトSPA的地元専門店やブランドのFC店を展開する代理商的地元専門店もしっかり生き残っている。日本では80年代までで消えた業界が並存しているのだ。
 そんな韓国の流通テキスタイルや副資材、都心縫製工場を活用した小ロット短サイクルなキャリーSPAやODM業者が109世界を支えて来たのが実情で、そんな仕掛けを大規模工業化したファストファッションに圧迫されて109世界が衰退する中、韓流ブランド/SPAがダイレクトに進出して来たという現象は極めて興味深い。渋谷109と東大門、LAのCAL-Martと東大門は‘どこでもドア’で繋がった韓流コネクションという点で共通している。そのあたりに渋谷109再生の突破口があるのかも知れない。
 2013/06/27 10:39  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ