« 前へ | Main | 次へ »
○○は着てても心は錦〜♪
 今朝の繊研新聞はしまむらが仕入れ契約書の価格表示を「原価+消費税」に切り替えた事を伝えていた。『消費税の増税分を納入業者に押し付けない』という決意を表明したもので、来春に予定される増税を控えて業界に範を示す快挙と賞賛したい。消費税が8%に嵩上げされても小売価格は税込み総額表示を継続する事も決めているから、しまむらの値入れは二重に圧迫される事になるが、生産原価の抑制や物流のさらなる効率化、プライシング手法の改善で収益性を維持するとしている。 
 消費税の増税分を納入業者に押し付けたい小売業界と下請業者を不法な収奪から守りたい公取委の綱引きが政治がらみで玉虫化する中、しまむらの清廉潔白な決断が錦の御旗のように光り輝いて見える。バーゲン時期の後倒しなど、何かと取引先や消費者に背を向けた我田引水な目論みが厭われるこの業界だが、清廉潔白な経営を志す立派な方もいらっしゃるのだと救われる思いがした。
 しまむらの店頭は藤原秀次郎前社長時代と較べると什器規格の統一が崩れクレンリネスも劣化した感があるが、『○○は着てても心は錦』という心意気なのだろうか。安くてもそれなりに美しくブランディングされた外資SPAが勢力を伸ばす中、ユニクロと並んでモードの民主化を担う消費インフラ企業として、清廉な経営姿勢を店舗にも表現して欲しいものだ。
 2013/05/30 09:24  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ